« こうのとりのゆりかご・雑感・3 | トップページ | パステルで花を描く »

2007/06/26

子供の絵の評価と「初夏の果実」

KudamonoayamiKudamonohanakaKudamonojunpei             

            

           

左からアヤミ、ハナカ、ジュンペイ。

私がドイツから戻り、久しぶりのあとりえだったので、子供たちは張り切って描いた。アヤミは個性が見えてきた気がする。 粘り強い描き方をするようになった。ただ期間を置いて描いたため、今日たまたまかもしれないし、集中力が増してきたのかもしれない。

ハナカも個性が見えてきた気がする。始めて、このブログを見た人はそんな個性なんか、こんなチビちゃんにはと、思うかもしれないが、ちょっと神経質と思われる描き方がハナカらしい。ハナカは1年生だ。

ジュンペイはどうも、6月26日がサッカーの試合のようなで、練習で、体力的にキツイのか彼らしくない描き方になった。ジュンペイはかなり、いつも良い評価をしてきた。それはこの教室 「あとりえチビッコ」 だから私の独断と偏見によるという事ではありますが。彼は学校でのことやサッカーのことを話してくれたので、コミュニケーションはとれている。

子供だから疲れている時もあるさ。

個性があると思われる子には、こちらから働きかけすぎないようにしている。それで、本人が迷う時期に入ると、助け舟を出しながら、もう一度個性を探すことをする。

KudamonoyukimiKudamonokanonKudamonoyui

           

            

           

ユキミ、カノン、ユイ。どちらかと言えば、ユキミとカノンはよくある絵を描く子だ。今日は堂々と描けた。ユイは写真が的確に撮れていないが、楽しい作品だ。いつでも、転がるような気がする果実を描く。

言うまでも無いことだが、絵は写真とは違う。見たとおりに描くものではなく、見るほうがなにか、別の情動を起こすような気がするのが、いい作品だ。

えっこれって傾いているけど、なんか面白い!とか。動きそう!だとか。これ、食べてみたいわ!とか。

見ているものにいろいろな感情を沸き起こす絵が面白いし、いい作品と言えると思う。今回、マナミが描くことを楽しみにしていたが、お休みだった。子供にはリズムがあるので、伸び始めた時はこちらがてぐすね引いて待ってる時もあるのだが。早く治ってね!

|

« こうのとりのゆりかご・雑感・3 | トップページ | パステルで花を描く »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/15560384

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の絵の評価と「初夏の果実」:

« こうのとりのゆりかご・雑感・3 | トップページ | パステルで花を描く »