« 鹿に勝ったぞー! | トップページ | 太陽の力 »

2007/07/25

ドイツ人形を描く

DoituningyoujunpeiDoituningyouhinata_2DoituningyoumarieDoituningyounami                        

ドイツで買い求めた人形を絵の具で描いた。左から、ジュンペイ、ヒナタ、マリエ、ナミ。

女の子にとっては人形の青い目を、ロマンチックに感じるようだが、男の子にとっては、怖いと言う。男の子は今まででも、人形を描くと、よくその言葉を言った。

外国の人形に対して、かたくなな考え方を持っていることは、ある種の頑固さだが、男の子も女の子のなかにも、年寄りと同じような頑固さを感じる考え方を持っている子もいる。絶対こうでなくてはいけないと、自分で決めてしまっていることだ。

ところが、永久にそのままではなく、いつか虫が脱皮をするように、少しずつそのかたくなさを捨てて、いくような気もする。このように自分たちのDNAと違うことにたいして、特に目で見てわかる容貌に関して幼い時に、拒否するような殻を持っているのも、脳の構造か、心理的解釈がなされるのだろうと考えられるが、今の私の読書力とスキルでは、答えが出ない。

気付いたので言ってはおくが、楽しく描いている子もいるのだから、これでいい。

Doituningyounodoka_2DoituningyourisaDoituninngyoukenta_2 左はノドカ、リサ、ケンタ。ノドカはいつもと違う描き方をした。

リサは人形を1人描いてから席を替えてもう1人描いた。

ケンタは描いているうちに手や足が取れてしまった。バックにスクラッチ画を取り入れて構成したが、ちょっと気になる。ケンタもジュンペイも中学年はギャングエイジであり、反抗期もあり、難しい年頃なのだろう。

あとりえ・チビッコは、夏休みのためにKEICOCOギャラリーはしばらくの間お休みします。田園の誘惑や、日記は書きますので、アクセスしてください。皆様良い夏休みをお過ごしください。

|

« 鹿に勝ったぞー! | トップページ | 太陽の力 »

ドイツ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿に勝ったぞー! | トップページ | 太陽の力 »