« ビンを描く@女の子jpデザイン教育 | トップページ | 今日は結婚記念日 »

2007/11/13

上越高田は虹の町

Jouetu_006Jouetu_021Jouetu_033Jouetu_040   

上越高田に仕事があり、川上村の山小屋から出発した。141号線を小海線に沿って北上する。途中の八千穂、小海はカラマツを中心とした紅葉がすばらしかった。うっとりと紅葉を見続けて写真撮らず。佐久平から上信越道に入った。

浅間山は冠雪で白く化粧していた。東部湯の丸SAで運転を代わり、私の運転になった。数ヶ月前より、年令相応な安全運転を心掛けている。黒姫、妙高辺りから雨が降り始め、上越高田のインターを降りると細かな雨と午後の斜めの陽射しが感じられた。きっと虹!きっと虹!やはり虹!前方に大きな虹が出て私たちを歓迎してくれた。

夜は高田ターミナルホテルで3度目の宿泊のため、慣れているからと、強くもないのに雪中梅と朝日山の冷酒を飲んで酔う。体調も少し疲れ気味だったなのに、いけない私。

明くる日は直江津の朝市に出かけることにした。車は駅に置き、信越本線に乗って10分で行ける。高田の朝市は2と4の日だそうで、直江津は3と8の日にするそうだ。朝市というのを一度は見てみたいと行った。潮の匂いが間近にして、規模は小さかったけれど、この地方独特のものを売っていた。ちなみに上越高田の朝市はもっと規模が大きいそうだ。次のチャンスには行ってみたい。

上の写真のおじいさんに青いイチジクの煮方を教わり、買った。1キロで400円だった。おじいさんのお店で赤い菊を買う。他の店で、渋柿を7個300円2山、モッテノホカの食用菊、赤唐辛子などを求める。

Jouetu_060Jouetu_065  イチジクはまだ緑で硬いものを一度写真のように湯がき、砂糖で煮るとあり、インターネットで詳しく調べると、ワイン煮と酢で煮るものがあったので、家にちょうどあった、コニャックとアップルサイダー(ビネガー)の2種類で煮てみた。大人用と子供用だ。楊枝で刺して煮るとよいとあったのでそうしたのだが、まだ味が滲みこんでいなかったようなので、早めに食べよう。新しい挑戦は楽しい。

そして帰りも上信越道に入ったとたん虹が出た。過去の記事で、上越高田は花の町、上越高田は寺の町、上越高田は酒の町と書いてきたが、「になった。

|

« ビンを描く@女の子jpデザイン教育 | トップページ | 今日は結婚記念日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビンを描く@女の子jpデザイン教育 | トップページ | 今日は結婚記念日 »