« スタート画面をiGoogleに換えてみました | トップページ | 永い時間教室に来ている子の絵 »

2007/11/02

鹿との戦い、その後

Kawakouyou_saku_2 8月15日に播いた種は育ち、2週間前に少しだけ収穫し、大根の太さを楽しみにして今回来たのだが、我が家の畑はまたしても、鹿にやられてしまっていた。

昨夜着いてから、懐中電灯の映し出す光の中に黒い地面のみ!なぬー?

山側3分の2が鹿にやられていた。残りの道路側はかろうじてブロッコリー、キャベツ、ターサイ、ルッコラが太い杭に守られて残っていた。ほんの少しではあるけれど。

Kawakouyou_2 逃した魚は大きく、取られた大根は太い。悔しがっても仕方がないから朝は気分良く散歩をした。今年の紅葉は長いように感じる。天気予報によれば今日の夜は良く晴れて、放射冷却がおこり、明朝はかなり冷え込むらしい。

この淡い色彩の変化も明日は消えていくかも知れぬ。これから師走に向けて森は無に近づく。その少し前の山が燃えるさまが紅葉だ。もみじの赤と白樺の黄、こならの赤茶、ダンコウバイの黄、そしてカラマツの黄。立ち木の下の草紅葉。

Kawakouyou2 早春にはすべて黄緑だったものが様々な色に変化する。森の紅葉。人間にも人生の紅葉はある。

「ヒューン、ヒューン」 「ヒューン、ヒューン

夕べの霧があたりに立ち込める頃、ヒューン、ヒューンと鹿の鳴く声がすぐ近くでした。少しトーンの違う声がまた遠くでした。もしかすると森の鹿たちには早い春がくるのかもしれない。

|

« スタート画面をiGoogleに換えてみました | トップページ | 永い時間教室に来ている子の絵 »

自然」カテゴリの記事

田園の誘惑」カテゴリの記事

コメント

猪や鹿などの獣害対策に日本オオカミ協会ホームページの"Q&A"にあるように狼の導入を! http://japan-wolf.org/content/faq/

投稿: 名無し | 2013/01/16 00:24

Yamyam様
鹿の姿は見ませんが声を良くききます。また角を擦った後の樹木が家のすぐ近くにあります。茶色くピカピカしています。ひっそりと来ているのですね。
今年の紅葉はきれいに感じます。特にカラマツの紅葉の良い時期に出会わせたようです。
日本の秋を堪能されているのですね。

投稿: KEICOCO | 2007/11/14 17:14

>>逃した魚は大きく、取られた大根は太い・・・
 ははは、そのとおりです・・・が、鹿に免じて
 許してやってください。蓼科でも、鹿を見ました。
 別荘開発などで、だんだん住む場所が狭められている
 のでしょう。紅葉のこの時期が、私はとても好きです。

 長らくリンクがうまく行かず困っていましたが、
 やっとうまくできました。今後ともよろしく。
 
 

投稿: tamayam2 | 2007/11/12 10:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタート画面をiGoogleに換えてみました | トップページ | 永い時間教室に来ている子の絵 »