« ドイツのグリューワインを作ってみました | トップページ | 干し柿、ふたご座流星群、マイナス6度 »

2007/12/16

クリスマスカードを作る子供たちの心

Kk_atusiKk_manami2Kk_yukimi2Kk_hinata2 左からアツシ、マナミ、ユキミ、ヒナタ。

子供らしいサンタさんへのメッセージ。

Kk_hmiku

Kk_junpei

Kk_miduki

Kk_smiku_2

下段左から Hミク、ジュンペイ、ミヅキ、Sミク。

クリスマス工作に続き、クリスマスカードを作る。24日の夜に、サンタがどうやって来るかを子供たちは楽しみにしている。そしてそれを絵にする。1枚の絵はストーリーのある絵本に続く第一歩。サンタは本当にいるのか、サンタを信じるのか、などの論理とは別に、今夜きっとプレゼントをサンタが持って来るという、疑いもない本当のことはずっと心に大きくあるのだ。あるのだったらあるのだ!

今回のは、金や銀のペイントマーカーを使い、グリッターグルーという、きらきら光るペイント材料を使っての制作で、指導に神経を使ったため、なかなか写真が取れなかった。デジカメはあいかが撮ってくれた。昔、東京女学館写真部部長だったからね。

私は、子供たちの中にあるクリスマスへの期待や夢を絵に込めるにはどうしたらよいかを一人一人に接しながら話し引き出していく。

希望が丘は私一人での指導のため、デジカメ撮れず。グリッターグルーをドライヤーで乾かしながら、「ショウキ君、君のおうちは大変ね兄妹5人だから、ママ、た・・・?」ここまで言って口をつぐんだ私。子供たちを見回すとエリナがニッと笑って目が合う。モモコが後ろを振り向いてニッと笑う。ショウキは相変わらず宙を見つめて考えている。かわいらしい時間が流れた。サンタはいるんだったらいるんだ。ショウキはかわいい絵を描いたが写真を撮ってない。ゴメン。

あとりえ・チビッコでは来週で年内の教室が終わり、展覧会に向けての制作期間に入ります。二年に一度の展覧会です。子供たちの作品の写真はこの期間は載せませんが、教室での様子だけはお知らせすることになるでしょう。

|

« ドイツのグリューワインを作ってみました | トップページ | 干し柿、ふたご座流星群、マイナス6度 »

文化・芸術」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツのグリューワインを作ってみました | トップページ | 干し柿、ふたご座流星群、マイナス6度 »