« コーエン兄弟のノー・カントリーを見て | トップページ | ゴールデンウィークは人間ドックから »

2008/04/25

花束を描く

Hanataba_aHanataba_hanakaHanataba_kentarou

今回の花束はいつもと違う花屋に行き、違う種類のアレンジになった。

ハナカとケンタロウの作品。ハナカとモエナとケンタロウはラナンキュラスの赤紫を何度も混ぜながら時間をかけて作った。そのため、絵を描く時間まで、エネルギーが続かなくなってしまい、完成はしなかった。でも一生懸命に描いたのでとり上げたい。

Hanataba_kaho

Hanataba_risaHanataba_kanon

カホ、リサ、カノンの作品。

この3人には、もっと絵が上手に、楽しく描けるようになってもらいたいと思っていたので、展覧会以降なので、教えこむことをした。カホには葉脈を、リサにはバックの模様を楽しくと。リサはバックの黄土が、包装紙の茶と一緒でつまらない描き方になっていたので、そこから脱出するように言うと白と水色の線を描いた。とても良い。

カノンには薔薇の花の分解から花弁の描き方とバックのエメラルドグリーンの作り方を教えた。つまり、『愛してる、愛してない、愛してる』と。

カホは画素数が91.5になっているので、しっかり、描き込んだといえる。ただしこの数が多いからと言って、絵画として芸術性があるというわけではないが、子供の絵の学校での評価はしっかりと描くことだとは思うので、良い傾向になっている。

Hanataba_marie

Hanataba_koutarou

マリエ、コウタロウの作品。

マリエは皆と違う花束を描きたいと難しい花の組み合わせの席に座った。花の観察も丁寧にしていた。花のあとの包装紙も美しい。敷いてある布のアレンジをしてくれたあいか先生のおかげでしょうか。

コウタロウは花を描いたあとに、包装紙の英文を6年生としてがんばって書いた。この時、「絵の美しさは大きな色の面積と細かい模様や字の面積のバランスが大事だと」子供たちに言ったけど、いつまで覚えてるかな。わかったかな?

Hanataba_yui

Hanataba_erina

Hanataba_momoko ユイ、エリナ、モモコの作品。

ユイは花束の紙をぐるっと回して花を大切に守るように描いたのは、すてき。ユイのサインの文字は花束の中に書いてあると言った。ほんとありました。エリナは私の写真の写し方が悪かったみたいで、本当の良さが出ていない。ごめん。きっと日本画の顔料を使って描いたらすばらしい作品になる。実は今日であとりえは辞めるのだけど、一生懸命描きました。私が小さい時に行っていたお絵かき教室での思い出を話す。勉強をがんばってして、いつか、本当に絵が描きたくなり、そういう学校に行きたくなったら、それを選びなさいね、と話す。まあ、学校だけではないのですが。モモコは花を丁寧に描いていく。バックの波のような模様の中にモモコのサインが押し寄せている。それをちょっとだけ私がおかしく言ったらニコッと笑った。

始めに書いたように新しい花屋さんは大倉山 《La petite fleur》で、赤い大きな花の名はワラタという。

(追記) 最近、いろいろな国から不思議な花が輸入されているようで、名前が覚えられないKEICOCO先生ですが、このワラタは覚えられました。「モモコが笑った、モモコがワラタ!dog

   

                                                                        

|

« コーエン兄弟のノー・カントリーを見て | トップページ | ゴールデンウィークは人間ドックから »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コーエン兄弟のノー・カントリーを見て | トップページ | ゴールデンウィークは人間ドックから »