« 日本での夏時間と裁判員制度導入は土壌が違う | トップページ | 雑誌をコラージュする »

2008/05/25

野菜断面のデッサン・B

YdayanoYdshoukiYdmomoko希望が丘のアヤノ、ショウキ、モモコ。モモコが荒削りなデッサンだが力強い。特に赤ピーマンが良い。アヤノのレイアウトの仕方と色彩の散らばり方がバランスが取れている。ショウキがなんとも可愛らしい。

昨日の朝日新聞夕刊に 《生きる障害者アート》 の記事があった。障害のある人が描いた絵を有料で貸したり、商品として販売したり。こんな活動を企業やNPOが後押しし、作者が収入を得られるようにする試みが広がっているという。

神奈川平塚にある「工房絵」(こうぼうかい)という授産施設。ほかには会社や障害者のために手続き代行をする会社もあるようだ。その記事の最後に神戸芸術工科大の見寺貞子教授が「障害者のアートをビジネスとして生かすには、作品を判断し、コーディネイトする人がかかせない。利用の際は著作権を明確にして契約書を交わし、トラブルを防ぐ必要がある」と指摘している。そういう意味では私はぴったりの人材なんですがね。

この記事はあとりえの予定表にコピーしてお母さんたちにお渡しします。

|

« 日本での夏時間と裁判員制度導入は土壌が違う | トップページ | 雑誌をコラージュする »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本での夏時間と裁判員制度導入は土壌が違う | トップページ | 雑誌をコラージュする »