« 初夏に描く | トップページ | 鹿目線でみる我がクラインガルテン »

2008/06/27

『雨ニモマケズ 風(風邪を訂正)ニモマケズ』を描く

Amenimo_atusiAmenimo_kahoAmenimo_miku_3Amenimo_koutarou_4               

              

左からアツシ、カホ、ミク、コウタロウ。

子供たちは宮沢賢治の詩『雨ニモマケズ 風ニモマケズ』を描いた。何人かの子が《NHKのテレビであそぼ》でやってたから知ってると言っていた。

私は子供たちがあとりえに来るたびに一人一人にコピーした詩を間違えないように読んだ。

絵なのだから、自分の感覚を信じて描かせてやりたい。でも子供たちには書いてある詩の世界を説明も具体的にした。まるで国語の授業のように。

出来るだけ感覚的に描けている子を選んだ。アツシは風になびく葉が同一の方向を向いていることで強い風を表現した。3年半の間あとりえに通い、今回で辞めました。新しいおけいこ事もがんばってね。

ミクは体の動きがあり、宮沢賢治の新解釈をしているようだ。コウタロウは4つに区切って病気の子供、疲れた母、死にそうな人、喧嘩や訴訟を描いた。コウタロウは説明的でもあります。

カホは雨ニモマケズ、風ニモマケズなどという世界とは無縁の絵を描き、あとから漢字で表現していった。Amenimo_momoka Amenimo_risaAmenimo_shoukiAmenimo_yui

   

左からモモカ、リサ、ショウキ、ユイ。

この子たちは感覚的な面白さがある。モモカは4つの場面にして人の大きさが少しずつ大きくなっているのが、詩の文体のたたみかける感じを表しているように感じる。リサの傘もかわいい。ショウキも小さい人をがんばって描いた。ユイは色を少なくしてペンだけで表現。顔つき、目付きががんばっている。

Amenimo_sino シノは《野原ノ松ノ林ノ蔭ノ小サナ萱ブキノ小屋二イテ》を描く。上の字がしっかりお習字で書けている。シノが描く絵や工作の中に演劇的な表現を感じることがある。この絵は劇団の公演『雨ニモマケズ風ニモマケズ』のパンフレットになりそうな絵だ。

さて、この課題は私がドイツに行く前に予定していたのだけれど、戻ってきたら、この詩が妙に現在の私の生活にぴったりで、今回読みながら何度か胸がいっぱいになった。子供たちが大きくなってこの詩の意味を改めて思い出せるように絵に描かせた。どんな大人に育っていくのだろう。

さて、ドイツの旅行記を載せたいが母の入院、夏休み工作の試作などに忙しく、夏休みに入ったら載せるられるでしょう。それまでは芳州さんの記事を見てください。

追記:タイトルが間違っていた。『雨ニモマケズ 風ニモマケズ』です。最近喉が白くなる風邪が流行っているからと、風邪と打ってしまったのだろうか。母の入院でドイツからの時差ぼけの解消ができていないのかもしれない。ガンバレ!KEICOCO!

|

« 初夏に描く | トップページ | 鹿目線でみる我がクラインガルテン »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

nenemu8921さん
今までコメントに気づきませんでした。ごめんなさい。
そして、はじめまして!happy01
これからもよろしくお願いします!

投稿: keicoco | 2008/07/19 21:15

こんばんわ。はじめてお邪魔しました。
ビックりしました。
ジャックニコルソンの映画のおはなしが面白そうだったので、メモをしたら、なんと、次は「雨ニモマケズ」だなんて。
(私も宮沢賢治ごひいきなのです)
子どもたちの絵は面白いですね。(#^.^#)
宮沢賢治の詩に「自由画検定委員」という作品があります。
児童画(そう言っていたのね)を見て、その印象を1点づつ、詩にしているの。なんだかその詩を思い浮かべてしまいました。

投稿: nenemu8921 | 2008/07/16 23:41

コメントをして下さってありがとうございます。
何よりの励みになります。
ドイツびいきの主人がドイツ語で宮沢賢治を
説明できるのは羨ましいと申しています。
私は、子供たちに読むためによく覚えようと、
つまり、前後を間違えないようにと分析したところ、
かなり、配置が考えて読まれていると感じました。
拙い鑑賞力ですが、解ったわけです。

投稿: keicoco | 2008/07/06 08:43

宮沢賢治のこの詩を絵に描かせるっていう
発想がおもしろいですね。ドイツ人にこの
詩を教えてあげたことがあります。彼の
生き方の素敵さがわかったみたい。
私も岩手弁でこの詩を読む練習をしてみた
ことがあります。方言をまねするのが
好きです。(東京育ちですけど・・・)

投稿: tamayam2 | 2008/07/06 05:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏に描く | トップページ | 鹿目線でみる我がクラインガルテン »