« シラカバの木を切る | トップページ | 映画『BUCKET LIST(棺おけリスト)』最高の人生のみつけ方より »

2008/07/13

今日はお盆の入り

今日はお盆の入りだ。私の過去ログにはお盆についての記事(新盆の迎え火と送り火)が入っているが、そこへのアクセス数が徐々に増えている。ここ7日間にアクセスの30パーセントに達している。

今日は入院中の母から、これこれこういう風にお寺のことをして欲しいといわれていたが、事業を起こそうとしている弟が何から何まで一人でするのが大変そうなので手伝った。

思ったよりは家の仏壇をきれいに掃除してあったのでほっとした。私はお盆の飾りを置き、お花を活けて、提灯をセットし、お線香をともし、日蓮宗の南無妙法蓮華経を唱えた。仏壇のおじいちゃんは私を見てニコッと笑ったので、私も笑った。

病院にいるおばあちゃんとの話をおじいちゃんに報告した。おばあちゃんに昔の寿雄さんとの馴れ初めを聞いたら、『始めは4才の歳の差をみんなに反対されたわよ。でもおじいちゃんはいい加減で無責任で苦労したわよ。ママはおじいちゃんを尊敬しているみたいだけど。』と言っていた。そう父に報告。そしたら、父は『お盆でそっちに行くけど、まだまだ照子はそっちにいて欲しいよ。この自由はたまらん!』と言っていた気がする。私はおばあちゃんの腰の痛みを軽くしてあげてと父に頼んだが。

そして弟を車に乗せて、摩耶寺に行った。行く途中、介護保険のこと、社会保険のことをお互いに口角泡を飛ばして話す。そしてこの国はどのようになっているかとか、肝心のことを話しかけているうちに摩耶寺に着いてしまった。なんと無力な私たちであろうか。あっという間に着いてしまうのはお寺だけじゃない。人生もそうだ。ボブディランも、ジョーンバエズも、ビートルズも、振り向いてみればはるか彼方に行ってしまった。青春は心の中で甘酸っぱく疼いている。弟が行っていた麻布中高の面々、そして私の友人たち、女子美やトキワ松の面々の顔が浮かんだ!

きっと皆の中の何パーセントかの人は親の病院のお見舞いや、介護や、お寺のことをしているのだろう。日本を背負っていた団塊の世代、ベビーブーマーたちだ。そのやり方がその人の人格を物語るものかもしれない。

私もこれから、芳州先生の家のほうのお盆の行事をする。お迎え火だ。おがらを焚いて3回跨ぐと言うのをする。それが終わったら《BUCKET LIST》の感想でも書こうか。そうだそうしよう!

|

« シラカバの木を切る | トップページ | 映画『BUCKET LIST(棺おけリスト)』最高の人生のみつけ方より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シラカバの木を切る | トップページ | 映画『BUCKET LIST(棺おけリスト)』最高の人生のみつけ方より »