« トモとシラカバの木を切る | トップページ | あけましておめでとう@2009年元旦 »

2008/12/31

お煮しめはもう煮た

08nenmatu毎年、おせち料理の中のお煮しめは自分で煮ている。八ツ頭は早めに皮を剥き表面を乾かしてから煮る。八つ頭、人参は面取りする。牛蒡は皮を包丁の峰でこそぐ。干し椎茸は早めに水に漬けてから軟らかくし、その漬け汁も出汁として使う。筍は先の方と輪の方と別に切る。蓮根は輪に切ってから大きさに応じて半分にする。蒟蒻は短冊状に切ってから真ん中に少し包丁を入れてクルットまわしてねじり蒟蒻にする。毎年作る慈姑は今年は煮なかった。もう十分芽は出ている。

出汁は鰹節を惜しげもなく入れてたくさん取っておき、しょうゆ、みりん、砂糖(ザラメ)、酒などを用意して、きれいな色に煮たいものから煮ていく。

今年はハンズメッセで買ったシャトルシェフの鍋で煮た。ある程度煮てから30分ほどもう一つの鍋に入れ子状にセットすると味がしみ軟らかくなる。エコな鍋だ。

今年は介護施設から戻って実家でお正月を過ごす母のためにもう一セット作り今日の朝届けた。そして、その施設に弟と昼に迎えに行った。御餅は長女の嫁ぎ先のご両親の実家の岡山の《姫の餅》だ。喉につまらなそうだ。それでいて美味しい。私は弟が大変ではあるが今年はどうしても母を家に戻してお正月を過ごして欲しいと願っていた。介護施設の方々の大変さを軽減したいとも思ったが、御餅をハンペンに変えると聞いたからだ。まだ母の歯は御餅も噛み切れる。なんとしても噛み切れる。

|

« トモとシラカバの木を切る | トップページ | あけましておめでとう@2009年元旦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トモとシラカバの木を切る | トップページ | あけましておめでとう@2009年元旦 »