« クリスマスツリーを描く | トップページ | クリスマスカタログのコラージュ »

2008/12/14

始めての雪@川上村/バレンタインデーまであと2ヶ月

Kawa0812 早朝愛犬ココがトイレに行きたいと起すので、外に出しそうとすると雪だった。階段に雪が2センチほど積もっていたが、辺りはまだ真っ暗だった。一昨日から川上に来ている。

やはり天気予報どおりに雪が降った。朝食を作っているときも降り続き、朝のお散歩が出来ないココは家の中をウロウロ歩いて落ち着かない。昼前にコーヒーが切れているので村のスーパー・ナナーズに行く頃には雪も止んでいた。私にとって今年初めての雪だ。

村役場から除雪車が来てきれいにラッセルしてくれた。ご苦労様です。・・・・・・・? 

ところがまたもや樹木の頂上は雪の重みで折れやすく、共同溝の櫟(イチイ)の木が折れていた。別荘地に永住している人たちは、今年の春の雪による倒木を心配してか、薪にするためか、家にかかる木を伐採している。もう住んで20年経つから木も成長し、家を暗くしてしまうから、切ったり薪にしても罰は当たらないかも知れない。近くで新しくまた木は育ってくる。Kawa0812co

家を暗くする木を切って、太陽の日差しを入れて暖かくし、木を暖炉にくべて生活することをエコの考えからと、地球温暖化で考察するとどうなるのだろう。私たちは《暖炉に薪》というスタイルではなくて《灯油でストーブ》なのだが。この寒さを暖かさに変えるものには物理的な日や火も必要だが、顔を見合わせた時の人の笑顔や擦り寄ってくる犬や猫の暖かさも心を暖かくする。

ここ1週間の間に日本も不穏な空気が漂ってきている。今本当の暖かさを太陽のように振りまくことが出来る人こそ指導者たりうる人であり、人の上に立つ資格があるというものなのだが。少なくとも私はあとりえの子供たちの前では子どもの心を支えられる大人でありたい。

今現在(12月14日午後4時30分)の長野県川上村の気温マイナス3度。多分今夜はほんとに冷える。それはそうと、あと2ヶ月でバレンタインデーだ。今年からウェブ上だけのバレンタインデーにすると前回お約束をした。でもなんかの間違いで私からチョコが届いたとしたらそれは本気かもしれない。なんて言って見たりして。

|

« クリスマスツリーを描く | トップページ | クリスマスカタログのコラージュ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

田園の誘惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスツリーを描く | トップページ | クリスマスカタログのコラージュ »