« 世界に一つのけん玉を作る | トップページ | 冬の旭山動物園 »

2009/01/27

絵を描く≪条件≫@一筆書き

Hitohude_harukiHitohude_kahoHitohude_riho_2

ハルキ、カホ、リホの順

Hitohude_miku

Hitohude_mizuki

Hitohude_momoko

ミク、ミズキ、モモコの順

Hitohude_kanon

左はカノン

今回は一筆書きという条件を与えて描かせた。子供たちはよく説明すると、メモ紙に書き、次は本番のケント紙に書いた。ケント紙はスルスルして描きやすい。

昔トキワ松学園の生物の授業で、顕微鏡の中に現れた図をケント紙に移す作業をした。スルスル感ときれいな書き心地に面白いと感動した。紙によってこんなに違うんだと感動した。その時の先生は三木先生だった。タイトスカートが似合う、ちょっと男っぽい先生で、憧れてしまったっけ。

今回の条件を出すことで、子どもたちはいつもの決まり切ったつまらない絵を描けずに,、マンマと私の作戦に乗った。大成功!ハルキの絵なんかはヘナチョコなデザイナーが真似するんじゃないかと心配だが、あとりえチビッコのブログの上に書いてあるように≪あとりえチビッコに掲載されている絵は日本の著作権法と国際条約によって守られています≫ので大丈夫なはずだ。だからと言って、デザイナーの人がこのブログあとりえ・チビッコを敬遠しないで見てほしい。カホは黄色いヒヨコが赤い字を通るとオレンジになった。面白い発想。カホもハルキも、リホちゃんが入ったので、先輩らしく行動している。リホちゃんは足が不自由だ。それを守るように子供たちが張り切っている。絵にもそれが表れている。リホちゃんは小さい犬を描いたので少しずつ大きくしていこうと勧めた。入ったばかりなので、安心して同じものを描かすほうがいいと感じたからだ。うまくいった。

ミクは堂々と大きく色も楽しんで描いた。お得意の分野だ。でも先生がこう言ったことを忘れずに、いろいろなものを見て絵に描くことができるようになっていってほしい。つまり、絵を描くためにはいろいろな別の学科の勉強も大切だってことです。

ミズキはありきたりの描き方を脱出して楽しんだ描き方をした。モモコはおうちが三階建てなので、絵もそのようになった。裏にも同じ絵を写して色違いにして描かせたのだが、カノンは裏の月は赤くした。果物を描くと言って下書きに書き始めたのだが、なんとかありきたりを脱するように一筆書きの条件をしつこく言った。その結果既存の絵の描き方を抜け出して自分が描いた絵を意識できた。ドラえもんを一筆で書くのは藤子不二夫さんがなさるので、カノンは自分の絵として「不思議な果物の木」をカノンが描くのが大切なのだ。この一筆書きの条件を出したことについていつかもう少し学術的に書いてみたい。ケンタ、ケンタロウ、アヤノもなかなかいい作品が描けていた。

今は毎年恒例の≪バレンタインデーのメッセージ≫を書いているので、頭の中がラブモードになっていて、少し柔らかくなっている、硬いことは考えにくくなっている。また、パソコンが新しくなっていろいろできるのでうれしくて迷路にも嵌まり込んでいる。

|

« 世界に一つのけん玉を作る | トップページ | 冬の旭山動物園 »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界に一つのけん玉を作る | トップページ | 冬の旭山動物園 »