« 絵を描く≪条件≫@一筆書き | トップページ | 絵に描いたチョコ❤バレンタインデーまであと2日 »

2009/02/08

冬の旭山動物園

Pengin1Pengin2千葉大スキー部OB会の有志で富良野に行った。芳州さんはじめ、スキーの好きな人たちが集まったのだから、白銀にシュプールをあげて、滑りまくっていた。私はこれからの2月、3月のスケジュールがいっぱいで、もしも骨折をしたらという考えに支配されてどうしてもスキーには参加はできなかった。

そこで、ペンション・ラベンダーで絵を描いたり、富良野のチーズ工房に行って、チーズ作りとバター作りをしていた。チーズ作りは牛乳2本と生クリーム120g、それと乳酸1mlが材料で100gできる。子供の手のひらにのるほどのチーズが牛乳2本分くらいの水分を捨てて出来上がる。それがホエーというものだと知った。私が「そのホエー捨てちゃうのもったいない」と言い続けたので、ご指導くださった土田さんという方が一口飲ませてくれた。なんだか、飛びぬけて栄養がありそうだった。バターは生クリームと水を混ぜて出来るのでいつかあとりえの課題でしてみたい。そこの場所で、生バターキャラメルを買った。花畑牧場のキャラメルはきっと買えないだろうと思っていたから。昨日北海道から帰ってきてから母のところにお土産として持って行った。。母の同室の栗田さんは母と仲良しだけど糖尿病があるからあげられない。

また別の日には旭山動物園に行った。富良野からバスで1時間半くらいかかる。メインのペンギンウォークに合わせて園内を見るという方法を、何度も今回の旅のコーディネィターの藤井氏が教えてくれたのだけど、アザラシ館を出て、外の人の波を見て、

「きゃあ、ペンギンを見そこなったらいけないわー!」と波に揉まれて列に並んでしまった。待つこと10分で、ペンギンたちが来た。遠くから見ても、ズンタ、ズンタ、ズンタ!近くで見ても、ズンタ、ズンタ、ズンタ。私の前でポーズをとってくれた。そしてこの波が行くと、何だか大きな人がペンギンの後ろを歩いていた。ズンタ、ズンタ、ズンタ。誰かが、・・・・・・・・「西田さーん」と言った。見上げて見ると、釣りバカ日誌の濱ちゃんがそこにいた。そして私も大きな声で「ハマチャーン」と呼んでいた。もうすぐ上映になる「旭山動物園物語」(ペンギンが空を飛ぶ)の宣伝を兼ねていらしたのだろう。

ますます私は困ってしまう。脇道にそれてしまうが、面白い映画が目白押しだ。「旭山動物園物語」(ペンギンが空を飛ぶ)、「マンマ・ミーアー」、「007 慰めの報酬」、「ベンジャミン・バトン」こうなると、私はペンギンの着ぐるみをつけたメリルストリープになって、ABBAのダンシングクイーンで登場し、007のテーマにのって、バキューンバキューン、着ぐるみを脱いだら皺のない20歳の惠子ちゃんになっている。なーんてね。また、また先生どうかしたかしらと言われそうだけど、この頃アクセスが減っているから誰も見ていないに近いから、おかしなこと言ってます。

ところで旭山動物園の飼育係を25年していたあべ弘士さんがあの「あらしのよるに」の絵を描いていらっしゃったのです。最近小学館文庫から小説「あらしのよるに」も出ています。本を読んでまた感動を新たにしました。動物園の中にあべ弘士さんの絵もありました。園内のオオカミの森近くを歩いている時、あの物語を考えていました。おおかみとやぎが暗闇の中で出会ったことを。本物のオオカミはガブと同じく優しそうでした。

|

« 絵を描く≪条件≫@一筆書き | トップページ | 絵に描いたチョコ❤バレンタインデーまであと2日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絵を描く≪条件≫@一筆書き | トップページ | 絵に描いたチョコ❤バレンタインデーまであと2日 »