« 八百芳賞の筍はカホの思い出になるだろう | トップページ | パステルで描く花@2009春 »

2009/04/20

野毛山動物園写生会は無事終わりました。

2年に一度の野毛山動物園写生会を無事終えた。レッサーパンダのお食事は笹の葉、ライオンは静かに木の台で寝ていた。オラウータンやゴリラの周りの池にはオタマジャクシがいっぱいいた。トラはうらの檻から見た。以前いたゾウの檻にはベンチが並んで日だまり広場。

エリマキキツネザルは金属系の音がすると、ギャー、ゴアゴア、ギャーゴアーと鳴く。そして面白いのだけど、落ち着かない動きをして、絵を描くのには困ったモデルだ。キリンは大きくて、模様も描きよくて、最高のモデルさん。

ツキノワグマは動きがなくて観察のみ。白いクジャクが池の近くで白い羽根を大きく広げて「わたしきれいでしょう!」とファッションショーをする。その池のそばで11時20分ぐらいに昼食にする。

食後にはなかよし広場で子どもたちはモルモットやひよこやネズミと遊ぶ。25センチほどのお座布団を使って動物を移動したりする。あとりえチビッコの子たちが動物を独占しがちだったので注意しながら遊ばせる。手をしっかり洗ってデザートのアイスを配る。知らない子がアイスを持っていこうとする。芳州さんがあとりえの子と思って渡したからね。。「ごめん、知らない子よ、返してね。」

集団で子供たちがどこかに行くことが、年々大変になってはいるが、動物園に連れ出すことは大切に感じる。野毛山は動物の数は少なくなっているが、身近で動物を観察できるのでそれも大切なことだと思う。作品の描き方は時間も少なく、移動しながら描いているので、まとまりもなく雑然としているが、あの場所に行ったことは何か別の形で作品に反映することもあると思う。ミズキちゃんがキリンなどでいいデッサンが描けていたようだ。

ところで、途中の桜木町で大道芸のパフォーマンスを見ることができてラッキーでした。カホママ、ハルキママ、リホママ一緒に引率ご苦労様でした。

私は子供たちの安全に注意を払っていたので、デジカメはわずかしかとれませんでした。とにかく無事帰りました。

|

« 八百芳賞の筍はカホの思い出になるだろう | トップページ | パステルで描く花@2009春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

チャンスがあったら、また行きませんか。動物園はいつでも、いくつになっても楽しいですね!

投稿: keicoco | 2009/07/10 19:01

集団行動は大変ですね。特に子どもがたくさんだと…でも、行って帰ってくると「やっぱり良かった!」と思うでしょう?近かったらお手伝いに行くのだけど…。
一緒に行ったのは何年前かなぁ。お昼のお弁当の前後に動物広場でうさぎやモルモットをなでなでするのが楽しいのよねぇ…。

投稿: スヌーピーの母 | 2009/07/09 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八百芳賞の筍はカホの思い出になるだろう | トップページ | パステルで描く花@2009春 »