« 銀座のウィンドウディスプレイと私の小さな一言 | トップページ | コラージュ@不思議な花・木・魚 »

2009/06/29

バラの花を描く@2009

Barashoukiいつも自由に絵を描き始める、ショウキ君。「先生!花瓶は好きな色にして良い?」「いいとも!」

宙を見つめて自分で想像しているショウキ君。彼の表現の自由さはいつも、何かに捉われていない時が自由でいられる時だと気がついた。今日はお相撲も野球もレストランでのお食事もない日のようだ。ゆったりと絵を描いている。彼がこういう自由に時間を使える職業に就けるといいなと思った。兄弟、姉妹が協力して、イラスト会社を創る。「寿造形社」なんてね。ショウキが社長。妹のレイカも一緒にイラストレイター。そして二人の妹さんが営業。そして弟君が副社長。お父さんはショウキ専用のパイロット。お母さんは総務。他人の家庭なのに子供たちが多いので勝手に想像させていただきました。ごめんなさい。

Barareika 妹のレイカはバラの花をクレパスで一生懸命描いていた。それよりも絵具で塗りこめていくことが好き。もしかすると油絵的表現が好きなのかもしれない。自分の中に渦巻いている情念みたいなものを絵具で表せることに満足している。レイカが入ったことでお兄ちゃんを刺激し、二人の絵が相乗効果を増している。

Baraayano アヤノは今回私がいつも使っている、顔料のマーカーを使って彼女流の丁寧な表現でバラを描き、ゆったりとした静かな時間を楽しんだ。私が女子美で作った、重くてきれいな水色の花瓶をデフォルメして描いた。私が想像していたとおりアヤノに向いた課題だった。アヤノも三人姉妹なので両親の子供たちへの方向性がはっきりしている。

Baramomokaモモカはまだ花瓶とバラをレントゲン現象で描いていた。それでもいいけどこの絵の感じでは花瓶をしっかり描いた方がいいと思ったので手直しさせる。バラの花弁はこの間の粘土の時に一枚一枚重ねるようにと指導したのを絵でも同じようにしなさいと言い、子供たちに描かせたのだが 、モモカはそれを丁寧に描く。下の縞模様と上の平方の線とのバランスが良い。モモカは前からバランスを大切にする絵を描く。

Bararisaリサはマーカーを使いたいけどバラのピンクが1本だと言ったので、では先生のピンクが少し違う色の感じもするけど使って良いよと言って渡す。ドイツに行って写生するときに使う私専用のマーカーだ。今回ほかの子でも使わせたが、「大切に使ってね、高いんだから」と言った言葉をよく理解して描いていたと思う。きっとおうちで大切に物を使うことを教育している。バックの群青、黄色と描いてから、どうしようと、考えていたので、同じようにすると重くて苦しくなるから、点とかで軽くしてみたら、と促す。結果としていい感じに描けた。リサちゃんもいい子でがんばっている!

|

« 銀座のウィンドウディスプレイと私の小さな一言 | トップページ | コラージュ@不思議な花・木・魚 »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀座のウィンドウディスプレイと私の小さな一言 | トップページ | コラージュ@不思議な花・木・魚 »