« 犬の散歩は三文の徳 | トップページ | スイカを食べる自分を描く・Ⅰ »

2009/07/10

鹿はギボシを食べていった

山小屋に来ている。あとりえで子供たちが描いた≪スイカを食べている自分≫を載せようとしたがUSBケーブルを忘れたので写真をパソコンに入れられない。今6時半だがまだ太陽は八ヶ岳の雲の間で燃えている。そしてシラカバの木を横から照らしている。こうして写真でなく言葉で表現するのも少しだけ快い。

今日の夕食はレトルトのハンバーグをメインにして、サラダ(レタス、ルッコラ、赤カブ、トマト)、付け合わせに黄ピーマンのバルサミコ酢かけ、メークイーンポテトのボイル、たらこスパゲッテイ添え。デザートはグレープフルーツ。トマトとグレープフルーツ以外の野菜はうちの畑で採ったもの。ジャガイモを茹でながら、ポテトサラダをついでに作る。空気がいいから食べ過ぎに注意だ。

今日畑の草刈をしながら、ルッコラを採り、無農薬なので葉をおつまみした。甘みと辛みと香りがえも言われず美味しい。畑を移動しながら、ミミズを取る。私が自宅の冷蔵庫から釣りの餌を忘れたからだ。

敷地の中にはやはり鹿の足跡が残っていた。この間我が家にきた、友人が気に入ったのか、昨夜も鹿がすぐ近くまで来て鳴いていた。朝起きてから庭を廻ってみるとギボシの葉が噛み切られている。また今年もあの薄紫色の花を楽しめないのかもしれない。仕方ない。畑を荒らされるよりはいい。

あっという間に20分経った。夕食の時間だ。

|

« 犬の散歩は三文の徳 | トップページ | スイカを食べる自分を描く・Ⅰ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

田園の誘惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬の散歩は三文の徳 | トップページ | スイカを食べる自分を描く・Ⅰ »