« 狩猟期間と渓流釣り解禁の重なる日 | トップページ | 展覧会に向けて »

2010/01/31

穴八幡から巣鴨地蔵へ≪暮らしの中の旅・1≫

Waseda_006_4 昨日は毎年行く穴八幡へ一陽来復のお札をいただきに行った。千葉に住む長女家族と待ち合わせて5人で男坂を上がった。

芳州さんが出版社を辞めてフリーになって明くる年ぐらいに、父が商売繁盛の神さんのお札を貰いに行こうと始めてから、もう15年はしてきただろうか。もちろん信仰心とはちょっと違う民間信仰の部類ではあるけれど、そのお札を冬の豆まきの時期に決められている恵方の方角を見ながら祈りつつ、貼るという行為は日本人らしい習慣と思う。もちろんどの神や仏を信じるかの信仰をしっかりと表明できる気持ちも大切であるが、日本の歴史から見ると民間信仰的なじんわりとした心の安らぎも大切だと感じる。いつものお約束の早稲田の金城庵で天丼を食す。何かこの時期のおすすめコースができていた。

次にこのまま帰るのは残念と長女の婿殿が都電荒川線でどこかに行こうということになっWaseda_008_2 た。久しぶりの大家族的発想が私を嬉しくさせた。巣鴨のとげぬき地蔵に行くことになった。棘は手や足に今のところ刺さっていないけど、心の棘を生やさぬようにノンノンノンと祈った。5人でお賽銭を入れたら奥の方から「仲良きことは善きことなり―」という声が聞こえた気がした。このようなことは信仰というよりは家族で一緒に年にチョコッと何かをすることが大切だと感じている。

私の信仰心について何か言わねばならないようだが、今のところ、民間信仰止まりでしかないかもしれない。私たちがよく行くドイツの人々と違うことは残念であるようにも思うが日本の風土の違いは私がどうにかできるものということでもない。私自身聖書も読む日もあるけれど、今のところママはこのまま。

とげぬき地蔵への商店街は、いわゆるおばあちゃんの原宿と言われるところだから、私は母のスラックスを探した。母は太ってはいないがお腹を圧迫することが辛いらしく、ゆったりしたズボンが良いと言っている。そして丈は短くないといけないので、探すのが難しい。驚くほどのお値段で探せた。健康志向でシラスの升売りやショウガ糖を買った。

昨日は私がおばあちゃんの原宿≪巣鴨地蔵商店街≫初デビューの日となった。

|

« 狩猟期間と渓流釣り解禁の重なる日 | トップページ | 展覧会に向けて »

旅行・地域」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狩猟期間と渓流釣り解禁の重なる日 | トップページ | 展覧会に向けて »