« イースターエッグの下準備オーケー! | トップページ | あとりえ・チビッコ展覧会//2010@子供たち »

2010/03/23

自宅で展覧会@2010

Tenrankai_4 子供たちの2年に1度する展覧会をした。子供たちの家族には会場となった自宅に来てもらったが、まだ作品は展示したままになっている。いつもお絵描きをしている部屋の家具を移動しての展覧会だったが、一応イメージに近い形にまとめることが出来てほっとした。3月18日に希望が丘の八つ橋教室を終了し、感動に浸ることもしすぎずに、エネルギーを維持したまま展覧会の準備をした。我ながらなんと男っぽい性格なのだろうと思いながらも、心の片隅の涙袋にはお別れする子供たちの4人+2人分の涙が溜まっている。千葉に住む長女とトモ君が手伝いに来てくれた。

自宅で展覧会をしたのは、他の公式な場所で借りることに重い負担を感じるからだ。展示道具の移動や飾り付けに保護者の協力が必要であったが、仕事を持つ人とそうでない人に不公平が生じる。少子化のために生徒数も減り、自宅でしても不都合はない。また会場費が節約でき、父兄の負担も軽くて済む。期間を二日にして集中的にでき、会場係りもいらない。公の展示でない分はインターネットで発表しよう、ということになった。芸術と言うカテゴリーで言えば、不足はあるけれど、究極的には仕方がない。私の限界とも考えられるけど、新しい展開をしたと考えても悪くない。その事にイケアの家具が関わっているのも忘れてはならない。

ところで私が撮った写真がよくないので芳州先生の写真で発表したい。私はこれから会場の設定のために移動した仏壇を元の場所に納めたり、実家の摩耶寺のお墓参りに行く。母のところに久しぶりに行ってくる。由井さんからのゼブラのマッキ―のことなど、いろいろ報告したいこともあるけれど、もう少し後になります。子供たちの素敵なお父さんたちにも会うことが出来て充実した展覧会でした。

|

« イースターエッグの下準備オーケー! | トップページ | あとりえ・チビッコ展覧会//2010@子供たち »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イースターエッグの下準備オーケー! | トップページ | あとりえ・チビッコ展覧会//2010@子供たち »