« 鹿一族の集結@八ヶ岳山麓 | トップページ | きっこさんからのメール再び »

2010/03/06

記事の更新700回目・自分で自分におめでとう!

鹿の記事を書いてから更新していないので、ずっと八ヶ岳にいたと思われていたかもしれないけれど、一度横浜に戻り、指導をしてまた長野に行って、帰ってきてまた指導をしている。その間にバンクーバーオリンピックは終わった。そして、チリ地震が起き、またたくさんの人が亡くなったようだ。救出や救助に遅れをとっているようで、チリの政治の悪さが指摘されている。

日本も、あまりに進展がない政治だから、私は少しでも世の中を明るくしようとバレンタインのチョコを贈り、言わなくてもいい自分の失敗談を世の中に曝してまでしているのに、国会では理想じゃないお金の問題が論議されている。そして私はあとりえチビッコの展覧会の準備を進め、確定申告の書類を書いている。何か頭の中では両極端の仕事をしている気がする。ボケないけど機械のネジが狂うかもしれない。

今回はプライベートな場所での展覧会なので、これから展覧会場にしていく苦労もあるが、今までとは違う会場にするということが、私のなりたかった職業の≪ウィンドウディスプレイ≫をするようで楽しい。その部屋を楽しい発表の場に変えることと子供の作品選びを粛々としている。

あとりえ・チビッコでは子供たちが何かを表現する基礎を楽しさでコーテイングしてプログラムを組んできた。子供たちが何かを表現する基礎とは、例えば絵画や写真、音楽演奏、ファッションに通じることでもある。それは枝別れをしてデザインにも広がり、建築にも広がり、彫刻、文章にも広がっていくと思う。子供たちは一生懸命制作しながら、楽しくなり、他のことだったら面倒になることも、仕上げなければならないと根気強くなる。そして、描き方を間違えたと分かったら、消しゴムで消す。消しても消えない線は材料を変えて描きなおす。そのような勇気を持つ子に育てたい。そう思って指導してきた。そしてこれは情操教育でもある。情操教育の言葉を変えたいと言ってきたがまだ有言不実行。

私も指導の準備の段階で絵を描くことはしてきたが、私がお手本を見せることはできるだけ避けてきた。それは以前の児童美術教育家者チーゼックの≪その授業≫を取り上げた時にもいったが、私は基本的にチーゼックを美術教育の師としてきた。本を読んできただけではあるが。日本画や油絵や水彩画などを手本としての描画方法を押し付けるとその子の個性を見つけにくくなると感じているからだ。また子供の時期の手の動きを大人の絵になぞらえて描かしてしまうことの杞憂を感じてもいた。その事は私が絵画教育としての子供が心の流出としての絵画、3,4歳から12歳ぐらいまでの表現としての絵画を指導することは描画材料を変えることで子供が刺激を受け、その子が持つ本来の個性を出すと感じて指導してきた。かなり長い年月が経ったが、図書館の本をコピーして綴じて読んできた自分で作った本がある。もう一度読み直してみたが、忘れていた個所もたくさんあるが私の体に染みついてまるで自分が考えたように感じる個所もあった。それを基本に展開することによって同じ枝葉がついたことにもなる。本を読んで丸まる真似したわけではない。

ところで、このような自分の仕事の総まとめ的なことを言うと、教室を終了してしまいそうな感じに取られがちではあるので、敢えて言っておきたいのだが、これからも続けていく。トゥー・ビー・コンテイニューだ。ただ出稽古していた、希望が丘の八ツ橋幼稚園をお借りしての教室は今回の展覧会を機に終了することにした。少子化の波もあり、いろいろなプロセスを経てきたわけだが、残念な気持ちが残る。肝っ玉母さんのような篠崎真由美先生と立ち話が出来なくなるのは私にとっての損失だ。八つ橋幼稚園の園舎と子供たちが好きだった。あと2回あの教室での指導をする。宮崎くんと森田裕子ちゃん始め、あの教室に来たたくさんの子供たちの顔が浮かんでくる。最後の日の帰りの車を運転しながら聴くFM局はどこにしようかしら。やはり、東京FMかな?NHK? FM横浜かな?

さて普通の主婦でしたらここでイジケテしまうでしょうが、正直言ってイジケテもいたが、私は今、もう一つやりたいことを見つけた。その事を考えると、わくわくドキドキ。大倉山の教室も人数は減っていますが、私のわくわくドキドキを支えてくれるほどの人数の子供たちはいるので、これからの指導がかなり、和やかに(フレンドリー)なりそうだ。それも楽しみ。今回の記事が実はブログを始めて700回目の記事なので、自分の今を正確に伝えたいと、このところ考え続けてきた。そのわくわくドキドキを発表したいのだがまだ、計画だけで現実的になっていないため、展覧会後にじっくり、じんわりと計画を練ろうと思う。それはバレンタインデーにも関わり、ドイツにもかかわり、ブログにも関わることだ。私が私としての表現をすることではあるのです。そしてあとりえ・チビッコのソフトランデイングを美しくしたいということだけです。

今夜は、≪カフェ・アゲイン≫にジャズを聴きに行ってくる。もちろん監視付き、というかSP付ですが。と書いたが変更につき、自由。

|

« 鹿一族の集結@八ヶ岳山麓 | トップページ | きっこさんからのメール再び »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿一族の集結@八ヶ岳山麓 | トップページ | きっこさんからのメール再び »