« 寒い誕生日 | トップページ | ツイッターにはいりました@ちょっぴりの勇気 »

2010/04/15

自分で作るバースデー料理・Ⅱ

あまりに寒いので、誕生日のお食事は外に行くのを止めにして、≪自分で作るバースデー料理≫にした。次女が≪ときがわのとうふ工房・わたなべ≫からお豆腐を贈ってくれたので、昨日から豆腐尽くしだ。それと弟のほうに千葉の田舎から筍を送ってきたのがビックサイズで1本を食べきれない。日本の日本らしい食べ物は筍だ。この間,蕗の薹を食べそこなっていた時には、なんだか変だと思っていたが、最後かなという時期にあの苦さを食べて、やっと冬眠から抜け出た感じ。筍はなぜかいつも重なるほどにいただき物がある。同じように新しくてもちょっぴり感じるあのえぐみは春の訪れを感じる。

Tanjoubi_a

アスパラはメキシコ産だったけど、茹でるから大丈夫と切り口を見ると瑞々しい。ドイツの白いアスパラは今年たっぷり食べられるだろう。

お赤飯の豆は日本産がなかったので中国産だ。ワインは芳州さんの写真のお仲間の門司さんからの頂き物だ。お嬢さんがイタリアで暮らしているからとラベルをよく見たらイタリアではなくてフランス産だった。蛸はよく見たらモーリタニア産だった。テーブルクロスはドイツ土産だ。門司さんはブログ(ココ)を書いている。なかなかおしゃれな形だ。始めは芳州さんが形作ったと聞いている。年配の方ががんばっていらっしゃるのを見るとうれしい。

話がちょっとそれたけど、寒い中、外に出かけるには今日の気温は寒すぎる、サンマルクに行かないのは経済効果をあげられないが、また次の機会に出かけよう。お誕生日のピアノの生演奏をしてくれるから、好きな場所だ。

ココまで書いてからメールを見たら「きっこのブログ」のきっこさんからメールが入っていた。また俳句のプレゼントがあった。ココに紹介させていただきます。いいでしょ。

ツイッターで、山崎直子さんのスペースシャトルの話題が流れていましたので、「あとりえ・チビッコ」の子供たちの絵を皆さんに見ていただこうと思い、紹介させていただきました。
世界中で、悲しいことや辛いことがたくさん起きていますが、すべては大人たちが生み出したもので、その犠牲者は子供たちです。
でも、宇宙の話題になると、多くの大人たちが子供のころの純粋な気持ちに立ち返ります。
そのため、「あとりえ・チビッコ」の子供たちの絵を見れば、もっと純粋な心に戻れるのでは?と思いました。
   
惠子さん、いつも素晴らしい活動で夢を与えてくださって、本当にありがとうございます。
おかしなお天気が続いていますが、お体を大切に、これからも楽しく明るい日々をお過ごしくださいね。
   
   
   茎立やみんな地球の子どもたち  きっこTanjoubi_b
   
   
  きっこ拝

心強い応援のメッセージをいただきありがとうございます。これからも楽しく、体に気を付けてがんばります!
   
   

|

« 寒い誕生日 | トップページ | ツイッターにはいりました@ちょっぴりの勇気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

コメント

nishitomiのtommyでしたか。もう一人私はtommyを知っているので、一瞬コメント欄の名前を見てびっくり、クリックして、あら!
ご活躍のようで何よりです。小さい時から変わらない君の顔! 

投稿: keicoco | 2010/04/17 13:38

お誕生日おめでとうございます。
きっこのブログさんのツイッターで存在を知りました。
こんな形で知ることが出来てビックリです。
しかもこれもPCからではなくiPodからかいています。

投稿: Tommy | 2010/04/16 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い誕生日 | トップページ | ツイッターにはいりました@ちょっぴりの勇気 »