« 平川克美 『移行期的混乱』出版記念講演会 | トップページ | はじめてのipadでブログ更新! »

2010/10/14

名前のデザイン≪ぼくって、私って、どんな子かな≫

子供たちに自分の名前のデザインをさせた。これは何度でも何年生になっても手段を変えてやらせてみたいことだ。一番には≪自分≫を意識させたいことだ。低学年には低学年の、高学年には高学年の≪自分≫がいる。何にもとらわれていない自由な自分を表現させたい。名前に込められた自分はどんな自分かを考える。そして本当の今の自分はどんな子なのか?

Namae_d_hinata

Namae_d_manami

Namae_d_momoka そしてこの課題をした2010年10月13日はチリ鉱山で落盤事故から33人が生還した日だ。子供たちにはその事も記念に絵に込めたらと言った。リサちゃんは33を組み合わせてお団子にした。トモヤはミカンにして33を表現した。

Namae_d_nami

Namae_d_reinaNamae_d_riko どの子の絵も元気で楽しく描いた。ナミとトモヤとタケシとリコがメチャクチャ◎。学校行事で欠席のリホはまた今度ね。

Namae_d_risaNamae_d_takesiNamae_d_tomoya  

|

« 平川克美 『移行期的混乱』出版記念講演会 | トップページ | はじめてのipadでブログ更新! »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平川克美 『移行期的混乱』出版記念講演会 | トップページ | はじめてのipadでブログ更新! »