« かぐや姫に始まって | トップページ | 小さい秋見つけた@川上村 »

2010/10/29

モーツァルトk299を聴いて描く

昨日はハロウィンも近いので子供たちにお菓子を用意して絵を描くことにした。

K299_hinata

K299_manamiK299_momoka 左からヒナタ、マナミ、モモカ。

課題は、モーツアルトのフルートとハーブのための協奏曲ケッヘル299番を聞いて絵を描く。色画用紙にクレパスで色を混ぜながら書いていく。二枚書くので、一枚目は気楽に進める。K299_reinaK299_rikoK299_nami
左からレイナ、リコ、ナミ。

子供には白い紙の恐怖というのがある。白い紙はどこから書き始めていいのか心配になることがあるという。教室では、いつも、『まだもう少しはアトリエを続けるでしょうから、今日描く一枚の絵を心配しすぎないで進めたほうがいい』とよく言う。

K299_risaK299_tomoyaK299_takesi_2
左からリサ、トモヤ、タケシ。

『明日辞めるかもしれないから、今日の絵を大切にシッカリ書きましょう。』と言い続けたら、想像の芽が出にくくなりそうで言えない。でも一年に一度ぐらいそのセリフを言う時もある。
子供に対するタイムリーな働きかけが大切だ。クレパスを重ねて何色も塗って自分がいい感じと思った所でSTOPするのが今日のポイントでした。

|

« かぐや姫に始まって | トップページ | 小さい秋見つけた@川上村 »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。