« クリスマス工作・2010@フェルトの家 | トップページ | クリスマスのピザ@2010 »

2010/12/16

松元ヒロ・ソロライブを観て

先週土曜日に、船橋のきららホールでの『松元ヒロ・ソロライブ』に行った。NPO法人 船橋子供劇場の主催で、毎年年末に松元ヒロさんをお呼びして、いつもは子供たちが楽しむ会だが、年末には大人が大笑いしてもらうという企画と聞いた。コントは社会派で批判精神満々なので、小学生以下の入場は、今回はなしということで成人のみであった。今回たまたま長女がこのライブに誘ってくれて、私は船橋と市川に住む友人を誘って本当に良かった! 久しぶりに会った友人ともそのあと飲みながら昔話をして、松元ヒロさんのコントネタを中心に、楽しく話ができた。
コントでは最近の民主党の政治や海老蔵の事件、また松元さんが出会った人たちのことを天才的に面白く語った。また真似がうまい。麻生太郎のところでは『ソチチ』で大笑い! ご自身の父上の葬儀の話では涙がちょびっと出てしまった。ガンダムも最高。もしかすると苦労話なのにあんなに可笑しくなってしまう。細かく話がしたいけど、それって個人情報じゃなくて著作権に触れるといけないので言いませんが、ものすごく面白かった。と言っても説得力がないが、私の文章力が足りないのかもしれない。ああ言う本当のコントを見てしまうと、テレビのお笑い芸人は、本質がムナシイ。
最後には新聞の記事をパントマイムでやったのだが、それがめちゃくちゃ面白かった。『本物の芸人』だと思った。その新聞をうちの娘が読んだのですが、12月11日の朝刊の記事の見出しで、ノーベル賞のお二人の顔が似ていた。スウェーデンの国の表し方もユニーク、そして劉氏のことも。こうして面白くおかしくしながら社会批判をできるのはすごい!私は大笑いしていたけれど、素人の我が娘が新聞を読みながら、笑い出すんじゃないかと気が気でなかった。松元ヒロ氏は独特のパントマイムだった。動きがなめらかで気持ちが良い。最近流行っているザ・ニュースペーパーの設立に参加し、1998年に独立し、ソロ活動に入ったと公認ホームページ 『ヒロポンのインターネット大作戦』に出ている。近い予定は大晦日に横浜にぎわい座での公演があるようだ。パントマイムの動作では『寄生虫』の表現がおかしくて思い出しては帰りの総武線で笑っていた。私が虫が好きと言う感覚からきているのだが。またチャンスを見つけてライブを見に行きたいと思った。個人的には昆虫図鑑みたいなパントマイムが見たいと思いました。マニアックで少数派だから無理でしょうかね。ところで、ライブは、ライブなので、観客の興が乗ることが大切と思った。芸人はお客の反応やノリこそが命みたいなところがあると常々感じている。テレビに出ているお笑いタレントもライブなどではお客さんの興に乗ることを意識しながらするのでしょうが、特に舞台と客席との見えない糸みたいな物が引き合って笑いの元が高みに行くのだろうかな?などと考えもしました。

|

« クリスマス工作・2010@フェルトの家 | トップページ | クリスマスのピザ@2010 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。