« 私の靴・ぼくの靴@2011春 | トップページ | 光陰矢の如し »

2011/04/28

祈り・その3

一日に起きる地震の回数は減ってきたが、まだまだ大きな余震があるのではないかと、怯えている。
今朝長女から電話で、被災地の新聞を見て細かなのもを送ったのだが、その方からお手紙が届いたという。4月8日の朝日新聞に「……津波で何もかも流されてしまって私も何をしていいのかわかりません。娘はペンを買ってね。ハンドクリームを買ってねというくらいで、大きな事は望みません。今の状況をわかっているのでしょうね。」と書いてあったのを見て、家にあったこまごまとした物を送ったそうです。こんな小さな手助けだったら私も出来ると送ったそうだ。年頃が自分と同じぐらいだと思って、以前読んだ「チビまるこちゃん」の漫画も入れておいたという。娘はその記事を新聞で読みながら泣いてしまったという。その方は送った宅急便の荷物を受け取ってとても嬉しかった様だ。その手紙です。

この度は大変申し訳なく涙だけがあふれてきました。毎日の余震で疲れきっていた時に「Yさん荷物が届いていますよ」と先生から…朝日新聞の小さな小さな記事で「神様はいるんだね」と娘と3人で泣きました。本当に助かりました。いつかきっと恩返しが出来る様に前向きに頑張っていきます。子供の学校の事もあり、また近くの場所での住宅が決まりました。娘2人と3人での暮らしが始まります。生きていれば必ず楽しい事もありますよね。頑張ります。ありがとうございました。忘れません。

そのYさんの住所を地図で見ると、私たちがいわきの田舎のお墓参りの時に泊まったかんぽの宿の近くのようでした。知り合いに聞いたのではかんぽの宿の1階が津波にやられたと聞いている。あの、なだらかな太平洋の海があの松林を抜けて襲って来たのかと! 何という酷いことか!
私たちには今、被災した方々に対して何も言えません。言葉がありません。でも、早く普通の生活に戻れるように祈っています。

|

« 私の靴・ぼくの靴@2011春 | トップページ | 光陰矢の如し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の靴・ぼくの靴@2011春 | トップページ | 光陰矢の如し »