« キャラクターを作りだす試み | トップページ | 太陽に輪(日暈)が出ている »

2011/04/16

誕生日の過ごし方

昨日は私の誕生日でした。諸用を済ませて母の介護施設に寄り、代官山に夫を迎えに行き、ここ山小屋に来ました。車から降りると雨が降ってきたので、すみやかにパソコンやら食料やらの荷物を出しながら、ふと見ると大きな薔薇の花束がありました。次女から『ママへのケーキと花束を忘れないでね』と、メールで言ってきたというのです。先ほど、その花束を抱えて写真を撮りました。大震災の人に申し訳ないと思いましたがこの北杜市の花屋さんも倒産などしないで欲しいと願う気持ちです。ここでは気温も低く、乾燥もしているので、出来るだけ私のシワが目立たぬ様にとお願いしました。4×8=32 8×8=64などの計算式を思い浮かべながら、若い時に戻りたいけれど、シワを足してもこの安定感のある年齢も悪くはないとガッツリ思いました。

丸山健二の後にまた内田樹の《ためらいの倫理学  》を読みはじめました。戦争に関して他の書籍を引用して意見を繰り広げているのですが、そこに日本というものが見えてくるし、諸説は今回の東日本大震災に置き換える事もできるなあとも考えましたが、まだ読了していないのでなんとも言えません。初期の内田樹の論理にオールマイティーな普遍性を感じました。時々内田樹もへそ曲がりだと感じるけれど、丸山はアウトドア派、内田はシテイーボーイ派の違いがありそう。私の低いレベルでの見識ですが。

それから清里大橋当たりで長女からは可愛いお誕生日メールが来ました。ママ、がんばるからね!

まだここでは草もわずかに生えている程度で、まだまだ冬の景色です。途中の中央道は桜が満開でした。でもそこここに確実に春の気配が感じられました。そして待つという事は時間が経ち、巡り巡って経過するその時間の中で自分の体力や精神がうち勝てば、克服した喜びを受け止められると、自分の負の経験から思いつくのです。体力の温存も作戦のうちなのでしょう。

|

« キャラクターを作りだす試み | トップページ | 太陽に輪(日暈)が出ている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャラクターを作りだす試み | トップページ | 太陽に輪(日暈)が出ている »