« 虫の歓迎 | トップページ | プルーンジャムを山小屋で作る »

2011/07/30

バケツの水

Kawa11natu 激しい雨が降り始めた。土砂降りだ。
昨日鹿に入られた柵を直し、ベランダ回りを整えた。ここは千曲川の源流であり、信濃川の源流でもある。この様な土砂降りは下流での水位の上昇になり、とても危険だ。我が山小屋の開放されたベランダにはテント用のシートを張ってあり、普通は強い太陽の日差しを抑えるためのものだ。雨が降ると水が溜まりが下に置いたバケツに徐々に入るようになっている。今日は5分もしない内に水が一杯になってしまう。こんな時は鹿たちは森の中でどの様に過ごすのだろう。清里大橋近くの牧草地には姿を見かけなかった。
そういえばその近くの、フラワー・フォー・レナが開店していた。高原の花屋さんだ。カサブランカ(百合)ともう一つ花束を買ってきた。ガラスの水入れに入れると品がある風情だ。名前を忘れたのであとでメールして聞いてみよう。最近は次々と新しい植物が出て来て名前をなかなか覚えられない。バケツの水と一緒で許容量を超えてしまったのかもしれない。

追記: フラワーフォーレナで買った花束は初雪草でした。新しいホームページができていて写真を見るだけでも楽しい。電話をして聞くと、結婚式のブーケもあるようです。近いうちに利用するとお店のお兄さんに伝えました。がんばってほしいです。

|

« 虫の歓迎 | トップページ | プルーンジャムを山小屋で作る »

田園の誘惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虫の歓迎 | トップページ | プルーンジャムを山小屋で作る »