« ホタル@百聞は一見に如かず | トップページ | ミュンヘンのドア・リースを作る »

2011/07/14

三原色で描く夏野菜

Natuyasai_momoka_2Natuyasai_risaNatuyasai_hinata 左からモモカ、リサ、ヒナタ。

赤、青、黄の三原色は『絵の具の三原色』と言われ、すべての色彩の元になっている。今日はそれで、夏の野菜を3色だけで描くことをする。また、その色が混ぜ切らない途中の美しさも描くと言う設定で進める。野菜のデッサンはラフでも良いと言って進める。色彩だけはパレットで混ぜ切らぬようにという。

Natuyasai_manamiNatuyasai_namiNatuyasai_nami2 左からマナミ、ナミ、ナミのおまけ。

夏野菜は三原色で描きやすい色彩が多い、またナスやキュウリなどの色が露地物の力強い色で出来ているために、私はよくこの時期に選ぶ課題だ。何年か長くいる子たちのスケッチブックを覗いてみるとその成長が分かることにもなる。

Natuyasai_rihoNatuyasai_reinaNatuyasai_riko

左からリホ、レイナ、リコ。

ブログ上で見ると、どれも同じに見えるのだが、子どもたちはそれぞれこだわって念を入れて描いていることもあり、このページに来た方は大きくクリックして見てほしい。

Natuyasai_takesiNatuyasai_tomoyaNatuyasai_rin  左からタケシ、トモヤ、リン。

節電の夏ではあるが、学校と家を行き来してきた子たちには天然水とエアコンの効いた部屋を用意して描かしている。もちろん28度の設定だけど。 夏休みのアトリエは午前中に来てもらい、楽しい思い出づくりをしたい。このような食材はケンタが上手だった。それは食いしん坊がうまく描く。今回は食いしん坊ではなさそうだけどリコとマナミ、リン、そして食いしん坊のリサが上手に描けたと思う。どの子もカボチャの切断面を描いていなかったので指摘した。

|

« ホタル@百聞は一見に如かず | トップページ | ミュンヘンのドア・リースを作る »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタル@百聞は一見に如かず | トップページ | ミュンヘンのドア・リースを作る »