« 子供の絵@ボードに描く | トップページ | クリスマス工作とドイツ旅メール »

2011/11/26

冬の中央道サービスエリアで車中泊

思いがけず、中央道でエンジントラブルを起こし、木曜日の夜から翌朝まで、動かない車の中で一夜を明かした。運転している車がどんどんスピードが落ちて行くのは焦るばかりだ。そばを大型のトラックが物凄いスピードで通っていく。この原因はマットがアクセルに挟まっているんじゃないだろうかとか、足が短くてアクセルに届いていないんじゃないだろうか、ギヤが間違っているんじゃないかなどと初心者的対応で出来るだけ冷静にと務めた。
丁度私たちが止まった場所の100メートル先にやはり故障で止まっている乗用車がいて、その要請で来たらしきJAFの若い人が出てきて背後に発煙筒を焚いてくれた。正確には『先に故障連絡を受けた乗用車のために、私たちの後ろに発煙筒を焚いた』という言い方が正しい。でも『地獄に仏』とばかりに、JAFの方にここ中央道の路側帯からの脱出をお願いした。その地点が境川サービスエリアに近かったため、まずはその場所で調べてくれた結果を懇意にしているトヨタのKさんに伝えそこから、甲府昭和のトヨタに伝えられた。だが時間は夜間8時をすぎていたため修理は明朝になるということで、3種程の案を考えたが、犬連れでもあるのでサービスエリア泊に決めた。ここでJAFに牽引されて普通道に降りることも考えた。(削除)まだJAF会員になっていないので無駄なお金を使うのではないかと、老妻賢母な考えも浮かんだ。ところが日本には冬型の高気圧が来ているので今年一番の寒気と、放射冷却も起きると言っていた。
芳州さんも私の体を気遣って寒くなるとすぐエンジンをかけた。ところがそのエンジンの不調があるものだから、夜も開ける頃にはガタガタいい出して車が震えるようになり、本当に寒かった。電池が切れて携帯が使えなくなり、いろいろ困っていると助けてくれる人もいた。尾張小牧のトラックドライバーの人はいろいろな案を授けてくれた。充電をさせてくれた人もいた。
そこで、私もこうなったらやらなきゃと、若い人ならば簡単にできるであろう携帯iPhoneからのJAF入会をした。老眼鏡をおもむろに出して、小さな文字をスクロールしながら、指先をバレリーナにしてがんばった。iPadはiPhoneと同じなのにインターネットがつながらない。大きくて使いやすいのに。

夜が明け横浜のトヨタと連絡が取れて、JAFの牽引車が来て私たちもその作業車に乗った。甲府昭和のトヨタで1時間半程待ち、車は普通に走行できるようにしてくれた。原因は燃費を節約する電子装置の故障ということだそうで、普通には乗れるようになった。多少燃費が悪くなるそうだ。後日その部品が揃ったら修理に出すことになった。
そして川上村には金曜日の午後3時に着いた。私たち夫婦の年齢から考えると、《冬の中央道で車中泊》とは格別の経験であった。横浜のトヨタのKさんや甲府昭和のトヨタの技術者の方には大変お世話になりました。

|

« 子供の絵@ボードに描く | トップページ | クリスマス工作とドイツ旅メール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子供の絵@ボードに描く | トップページ | クリスマス工作とドイツ旅メール »