« 35年前を思い出して | トップページ | 鎌田實と松川烈(きよし)とエトセトラ »

2012/02/26

43回目の出会いの記念日

Sirakaba

私の生活の基盤は夫の仕事の助手なので、その仕事がスムーズに行くように手伝いをしています。それは車で最寄り駅に送り迎えに行くことだったり、電話の対応だったり、山小屋での撮影の準備だったり、写真教室の生徒さんたちとのコミュニケーションだったり、ちょっとした写真のモチーフの調べごとだったり、フリーで仕事をする上には、ことさら取り上げるほどではないにしても、そういう準備や手助けが大切です。

それは結婚した始めからではなく、今から20年弱前から始まったことです。独立したいとその20年前ほどにも言われたことがありました。その時は子供たちを育てるビックウェーブの中にいたので、賛成はできませんでした。

あとりえチビッコのお子さんのご父母の方々はこれからその波が来る場合もあります。急にいろいろな事が出来る訳ではありませんから、徐々に夫婦力を合わせて、一緒にできることを探し、勉強しながら進むことが必要です。子供は親の後ろ姿を見ながら育つと言います。お母さんやお父さんが考え選択し、進んでいくことはお子さんに百の言葉で言わなくても理解できると思います。

ちなみにもうすぐ確定申告の時期でもありますが、私は用紙にその仕事の内容説明に、『助手、絵画指導』と最後に書いて提出する時に毎年言いようのない満足感を覚えます。まあちょっと変ですけど、そしてなんだか自慢しているみたいですけど、同じ仕事をするのならば、そういうプロセスを踏んでいける方が幸せだと思うのです。ただし喧嘩もしました。結構すごいやつも。

ついでに実は今日私たちが知り合って43年目の記念日です。ところが私は今年のバレンタインデーのメッセージに芳州さんには「もう堪忍袋は80%満タンです」と付け加えました。彼の中ではのようです。フフフフ o(*^▽^*)o

|

« 35年前を思い出して | トップページ | 鎌田實と松川烈(きよし)とエトセトラ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 35年前を思い出して | トップページ | 鎌田實と松川烈(きよし)とエトセトラ »