« マッキーと嵩一朗君 | トップページ | なぜ近所のポチが太っているか? »

2012/03/29

トリオ・ソナタの夕べ

昨夜は大倉山記念館で古楽器のコンサートに行った。今から6年位前に教えていた中山嵩一朗君から招待状が来たからだ。

Shuu_001_2   送られてきたパンフレットには詳細なことは書かれていなかった。会場に入って詳しい小冊子を読むと、彼、中山嵩一朗君の姉、元花ちゃんも名前が記されていた。そしてコンサートが始まると、この会の設立者である川名勇気さんがリコーダー、嵩一朗くんがバイオリンで登場した。この会の名はコンチェルトジョコーソ、古典楽器の会なのでした。そして『トリオソナタの夕べ』と題して、芳州さんが好きでよく聴いている雰囲気の音楽が続いたのです。クープランもコレッリもヘンデルもヴィバルデイもよく聞いている曲です。

私には古典楽器の奏でる音楽の素晴らしさも感動ではあったが、中山嵩一朗、元花(ハルカ)姉弟に会わなかった6年の間に、このように成長されて楽器を技術的に修得されていることに驚きもした。元花ちゃんは大きなチェロを弾いていた。そして私は希望が丘の八ツ橋幼稚園で絵画を教えていた時に、二人がピアノを連弾したことを思い出した。嵩一朗君は姉の元花ちゃんがいつもお母さんのように守っていると感じていた。あとりえに初めて来た時、お母さんは彼に手に職をつけてあげられたらと言っていたことなどを演奏を聞きながら思い出した。チェンバロ、ヴァイオリン、フルート、チェロ、リコーダーの演奏が記念館の音楽堂に響き、私はたっぷりと春の夜の旋律に魅了されていた。Shuu_002_2

そして、昨日は、やはり長いことあとりえチビッコに来ていた旧姓橋本和美ちゃんに駅近くで会った。姉弟の可愛いお子さんを連れて若いお母さんのまぶしさがあった。またいつも生協で会う、昔ママだったおばあちゃんも一緒で、すごい嬉しそうだった。
昨日は結局3人のあとりえチビッコOBに会った。皆、輝いていて私は嬉しかった。そうそうハルカちゃんのママは相変わらず美しく私は花束の中にサンダーソニアが入っていなかったが、お母さん自体がサンダーソニアだと思った。お父さんもとっても立派になられて嬉しそうだった。お子さんたちの成果はご両親の努力の賜物だとも気付いた。

これらは縁なのだな、と思った。そして、私は記念館の坂を下りながら『私の財産だわ!』と呟いていました。

練習スタジオはスタジオ・ユール
(大倉山記念館から10分ほどのところにあるスタジオとのことです。)
今回は昨年春に続き2回目です。昨年は行きそびれました。来年はホームページをよく見て予定したいと思います。
http://www.studio-jul.com/

|

« マッキーと嵩一朗君 | トップページ | なぜ近所のポチが太っているか? »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マッキーと嵩一朗君 | トップページ | なぜ近所のポチが太っているか? »