« 雑草を描く優しい子 | トップページ | 冷涼な空気と「ペールギュントの朝」 »

2012/05/14

三日母の日

Hahanohi_001 5月の第二日曜日が母の日だけれど、先週の金曜日から母の日が始まった。懸案であった母の介護施設の移動があり、その数日前から、荷物の整理や名前の表記があった。新しい施設との信頼関係を築いていかねばならない。利用する側は態度を正して、持ち物のきちんとした数を知らせなければならない。荷物の整理が苦手な私が、母の荷物の整理はもっと大変。
当日は新旧の施設の移動の間に和食レストランで、母の日を祝うことができた。昔父が生きていた時にしばしば行った木曽路だ。弟と母と私と3人で食事をした。美味しいと母が言い、思いがけない設定に嬉しそうだった。撮った写真を何度も見せれば忘れないだろう。弟は何度も母に『Keicocoが準備したのだからね。』と母に言っていた。ありがと。その一言でお姉ちゃんは嬉しかった。
介護タクシーで多摩川べりの道を通る時に母は『ここはおじいちゃんとデートしたところだから』と何度も言っていた。私のDNAにも刻まれているのかもしれない。諸手続を終えて私たちがエレベーターで帰ろうとすると母は少し無表情でバイバイをしていた。私達姉弟はその施設を出て多摩川の土手に上がった。
弟はその場所が昔、息子と一緒に自転車でサイクリングしたところだと言っていた。いろいろな思い出が湧きあがる多摩川。
そしてそのあくる日は次女とお婿さんが母の日のプレゼントを持ってやってきた。私は2,3日前に来ると聞いてから ビビンバの仕込みに大変だった。でも嬉しい母の日が続いた。

追記*何かの不具合でブログが印刷できず、書体を変更したため、はじめの文章と違っています。悪しからず。

|

« 雑草を描く優しい子 | トップページ | 冷涼な空気と「ペールギュントの朝」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑草を描く優しい子 | トップページ | 冷涼な空気と「ペールギュントの朝」 »