« キーハンガーを作る | トップページ | 樅の木に熊の爪痕が…… »

2012/10/30

小さな美術展 第15回かまぼこ板絵国際コンクールについて

Suzuhiro_1 昨日小田原城内の二宮神社、報徳会館で『小さな美術展 第15回かまぼこ板絵国際コンクール』の表彰式があった。
応募総数が5661(ジュニア4162、一般1499)入選はジュニア、一般で金1名、銀1名、銅10名づつ。特別賞は久里洋二賞(画家)、谷川晃一賞(画家、評論家)、林紀一郎賞(画家)、高橋明也賞(池田20世紀美術館館長)、山田五郎賞(タレント)、佐藤雅子(ギャラリー上田館長)、また小田原市関係の賞、箱根関係、小田急関係、美術館関係と続き、23もの賞がジュニアと一般に設定されているので200人近い受賞者が集まった。それに同伴者が居るので何人になったのだろう。Suzuhiro3

私は久里洋二賞をいただいた。作品は蒲鉾板を2枚横につなげ、そこに木の年輪を描いた。そしてその年に起きた出来事を文字で書いた。それは虹色の年輪であるが題名は「幸福な年輪」だ。中心円は私の誕生で赤から始まり、5才で幼稚園、6才で小学校入学、10才で腎炎、12才でトキワ松中学、15才でトキワ松高校18才で女子美術短大、20才で社会人、23才で結婚、25才で長女出産、27才で次女出産と29才であとりえチビッコ開始と続き、子供たちの成長も書き、夫の仕事の変遷も書いた。この場合プライバシーは無いと考え、発表した。父や義母や犬の死も書いた。自分の人生が可視化出来て、すっきりしうれしくなった。展覧会に作品を出してから、同じ位の太さの木で、また2枚描いてみた。なんとなく娘たちへの遺言と思えなくもない作品だ。蒲鉾板の脇には小さく芽を伸ばしたが切られてしまった若い日の心変わりなども書きこんで楽しかった。

作品展の受賞では面白いご褒美を久里洋二先生から頂いた。おしゃべりする貯金箱だ。一日の中で時々呟く。100円を入れるたびに口や目が動きおしゃべりをし、合計金額を言う。これからの一日を有効に使えそうだ。ありがとう久里先生。そしてその表彰式の後のパーテイーは中華を中心とした大変美味しい御馳走だった。車では行かなかったので乾杯のビールも飲めて、そばにいる受賞した子どもたちやご両親たちとお酒を薦めあって和気あいあいとした時間を過ごした。小田原城の一角にある会場なのでお庭もすばらしかった。以前私はメセナについて書いている。

「三菱アジアの子ども絵日記フェスタとメセナについて」≪私は年に1、2回子供の絵を公募展に出している。またそれを心がけている。今まで、鈴廣蒲鉾主催のかまぼこ板絵コンクールやパンの会社の公募などにだした。公募展は以前はもっとたくさんあったと思うが、最近では少なくなった。蒲鉾展では表彰式で素敵なパーテイ-に招待される。三菱の絵日記フェスティバルは以前、あとりえの子、森屋萌ちゃんが入選し、日本一のグランプリを取っている。・・・・・・・・・・・・・さて、このように芸術、文化を支援していくことをメセナと言う。古代ローマ時代皇帝アウグスツスに仕えた高官マエケナスが詩人や芸術家を手厚く庇護したことから、後世その名をとって、「芸術文化を庇護支援すること」をメセナというようになったのが起源であるそうだ。日本では1990年に企業メセナ協議会が発足している。(はてなダイアリーより)≫

『鈴廣かまぼこ』では蒲鉾板を使っての作品を公募し、芸術家に貢献し、入賞した人たちにご褒美を用意し、他の蒲鉾会社、小田原、箱根の観光にきっと貢献していると思う。この仕事をやり始めたのは現会長の鈴木智恵子氏だ。初めからこの仕事をしていた訳ではなく夫である社長がなくなってから就任している。今回でお会いしたのは2回目になるが、偉い人だと尊敬している。

ところであとりえチビッコOBOGも保護者の方も作品の公募に応募してはどうだろう。みんなで集まって≪がんばって賞をとってパーテイーに行きましょう≫なんていいかも。そしていくら鈴廣蒲鉾が太っ腹だとしても、練習はほかのマークの板でも本番は鈴廣蒲鉾の板でメセナの精神に応えて出展しよう。

私たちは家に戻ってから相棒と一緒にお土産の蒲鉾や伊達巻を食べながら作品とメセナについての話が盛り上がった。またあらためて小田原や箱根に行きたい。早春の箱根になるだろうか。

|

« キーハンガーを作る | トップページ | 樅の木に熊の爪痕が…… »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

豊田先生
作品拝見しました。変わらず素敵な作品付きをされているのですね。
鈴廣蒲鉾のメセナ活動も素晴らしいと思いました。
久しぶりに絵を描いて公募しようかな。

投稿: 小川正人 | 2012/11/24 01:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キーハンガーを作る | トップページ | 樅の木に熊の爪痕が…… »