« 母の日@2013年 | トップページ | 父の日のカードとカズキ君のこと »

2013/05/19

焦っているけれど楽しい夢

一昨日、面白い夢を見た。
トキワ松学園高校(私の卒業した)に行っているらしい。そして寝坊して、焦って支度している。まず学校に行く時に何を持って行ったらいいかを考えている。鞄が見当たらない。宿題やノートや学校に行く時に何を持って行ったらいいかを思い出せない。そういう中であとりえチビッコのOG S.メグミさんが出てきて早くと言っている。そばでメグミの妹カスミが笑っている。ありそうな場面だ。その中で何度も靴下がない。白い靴下がないと探している。
この間車を運転中にメグミを見たからだと思う。メグミは横浜美術大学(トキワ松学園が創設)に在学している。
私自身は大変焦って居るのだけれど、メグミとカスミと一緒に夢の中にいるのが嬉しかった。夢から覚めて、こうして今までしてきた仕事の延長上に自分がいるのだとも思った。川上で目を覚まして、また本を読み、また寝た時に夢を観た。レム睡眠とノンレム睡眠の間のことなのだとも思うが、こういうパターンはよくある。そして整合性は無いが、その夢をよく覚えていられるのが、不思議な気がする。脳が休まっているのかしら。ボンヤリと現実では、近くでカッコウが鳴いていた。

|

« 母の日@2013年 | トップページ | 父の日のカードとカズキ君のこと »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の日@2013年 | トップページ | 父の日のカードとカズキ君のこと »