« 父の日とパパのおひげ | トップページ | 父の日を前に »

2013/06/11

NHKBS《ワールドwave》では

NHKBSの《ワールドwave》ではアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、ロシア、スペイン、中国、韓国の主要チャンネルのニュースをほとんど毎日午前中に放送している。6月6日のアメリカABCニュースでは《Babies&ipad)》を取り上げていた。まだ、哺乳瓶を持ってベットに寝ている赤ちゃんがiPadに触り、シンプルな画面を触って、変えて見ている様子やもう少し大きい赤ちゃんが画面を指でスクロールさせている様子を報じていた。
専門家は『子守替わりには使ってはならない』と付け加えていた。

私も子供たちにiPadを使って絵を描くことを教えている。今の子供たちが新しいステージに立っているのだと日々感じている。新しいことに敏感な子供たちは苦もなくそれを操作し続けることに楽しさを表している。新しい道具に対しては常にそれを危惧する空気はある。レコードからCDになった時もそうだった。いつの時代も新しいことには何らかのカルチャーショックはある。そのため、私はiPadの《ぐるぐる》をしながら、意識して、絵を普通に描くこともしている。

また、6月10日の《ワールドwave》ではフランスの年齢の高い人がパソコンを通じてのお付き合いの相手を探すことを報じていた。伴侶を失った人がFacebookに自分のきれいな写真を載せ、音楽会やダンスに一緒に行き、楽しい時間を過ごすようになれたという。

話変わって、最近私はやらないと言っていたFacebookの設定をしなおした。そこでFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏がfbを立ち上げるまでの紆余曲折の映画「ソーシャル・ネットワーク」のパンフレットを引っ張り出して読み直した。そして私もFacebookを再スタートした。以前声をかけてくれたあとりえのOB,OGたちと連絡の輪をゆっくりと広げている。

今を生きる子供たちは有無を言わさず、ソーシャルメディアの波に揺られて育っていくのだろう。

|

« 父の日とパパのおひげ | トップページ | 父の日を前に »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父の日とパパのおひげ | トップページ | 父の日を前に »