« 過去の展覧会のキャプション・D | トップページ | ユイちゃんのお通夜 »

2014/01/28

あとりえチビッコ・訃報

 以前あとりえチビッコに来ていた小川ゆいちゃんが1月23日に亡くなりました。昨夜お父さんからご連絡がありました。

ゆいちゃんは昨年6月13日に肺の手術をしましたが、回復はならず、その後脳死状態になり23日にご家族が見守る中みまかれました。小さい時から重荷を負って生きてこられましたが、若く突然の死には言葉もありません。ご冥福をお祈りいたします。

ユイちゃんは腎臓(もしかすると肝臓かもしれません)が悪く2008年夏に手術をしました。お父さんから臓器移植し恢復しました。その時にあとりえチビッコでは≪ユイちゃん、久しぶりにあとりえに来た≫の記事を書いています。私のブログを検索しましたら≪ユイ≫でたくさんの記事がありました。私には教室に来た時、八つ橋幼稚園のドアを開けて、ただただにっこりと笑うユイちゃんの顔が思い出されます。これまでご両親、お兄さんが彼女をいかに支えられてきたかは想像を超えるものがあると思います。

今夜6時に二俣川の坂本斎場でお通夜があります。明日が告別式です。

ビンを描く・Ⅴ

bin_002 子供たちにはビンを描くにあたり、形が歪んでも心配しないで描くように話す。小さい時は特に形のいびつさが気になる時がある。指導者はそういうときに、こだわらないように、やさしく、「気にしない!」と言う。そうすると、面白いビンが姿を表す。

ユイチャンは、ちょっとだけ体が弱い。でも心はきれいで、ピンとした主張をよくする。私はそんなユイちゃんが好きだ。その主張を私に話す時はヒヨコのようにお口を尖らせて言う。それが学校でのこともあるし、いじめのこともある。ユイちゃんに限らず、体が弱いと病院に行くために、学校を休むこともある。また家族が優しくすることに、ジェラシーを感じる友だちもいるかもしれない。それは私が幼い時に腎臓病をして、半年学校を休んだ時の記憶をたぐれば、理解できる。

この絵は形のゆがみがなんだかうれしい。美術学校の受験などのためのデッサンではよくビンが課題に出る。本物に近づくようにデッサンするのだが、描くほどに面白みのない絵になることがある。そんな時に子供の描いたビンを見ると写欲がわくかもしれない。

ユイちゃん久しぶりにあとりえに来た

夏休みに国立成育医療センターで肝臓の移植手術をし、2週間ほど前に退院したユイちゃんは、久しぶりにあとりえに来た。学校の授業は始めは2時間、次には4時間と普通の生活に戻しているようだ。

この日のあとりえの課題は《造花を描く》だったので、ユイちゃんの好きな赤や紫のガーベラをテーブルの席に置き、椅子に座って描くようにしておいた。久しぶりに来たので、ユイちゃんも嬉しそうで、絵を描くよりはこの席に座っていられることを楽しんでいたみたいだった。

始めにショウキ君が来た。いつだってニーッと笑う子だけど、いつもよりもっとニーッと笑った。はにかみながら、ユイちゃんが戻ったことを噛み締めていた。

次にカノンちゃんが来た。アーっと言って、嬉しそうに笑った。

次にアヤノちゃんが来た。ユイちゃんを見て、優しく嬉しそうに笑った。

次にモモコちゃんが来た。私が指導のために座っていた場所が、モモコを仰ぎ見る位置だった。ユイちゃんを見て、一瞬黙って嬉しそうに笑った。モモコちゃんの瞳にキラッとしたものが見えた。子どもだから、なんと言って良いのか分からないんだと思うけど、全員『ユイちゃん良かったね!』と言いたかったんだと私は感じた。この子たちは本当に良い子だと思った。

ユイちゃんは何気なく、手術の痕のチューブや切った痕を見せてくれた。逆T字だった。この特異な経験を見せることが、今のユイちゃんにとって、自分が乗り切った試練をはっきりさせることのようにも感じた。けれど、ショウキ君がそれを怖がって、目をふさいだことや、私が静止したことは取るに足りないことなのかもしれない。ユイちゃんが学校でもみんなが応援してくれているようなので、安心だ。術後のお父さんも会社に出られたと聞き、お母さんも元気そうなので、もう、山は越したんだと言える。

あとりえでは、ゆったりとして課題を仕上げさせ、楽しいあとりえを提供したい。それにしても、今回の写真を撮れなかった。後日載せることにしたい。

|

« 過去の展覧会のキャプション・D | トップページ | ユイちゃんのお通夜 »

業務連絡」カテゴリの記事

コメント

綾瀬のトンちゃんさん

先ほど戻ってきました。
私と同じように心を痛めてくださりありがとうございます。
とんちゃんの優しさに感謝です。これで、民生委員をしていらっしゃることもうなずけます。
今夜はもう寝ます。おやすみなさい。

投稿: keicoco | 2014/01/28 22:31

アトリエの生徒さんのユイちゃんのご訃報に接し、心からお悔やみを申し上げます。ブログを見て、ユイちゃんのご両親・アトリエの豊田先生の心を察すると、ユイちゃんが、昔からの知人の様に思われて、心が痛みます。肝臓移植の手術もされて、ご両親の心を思うと、本当に残念です。ご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: 綾瀬のトンちゃん | 2014/01/28 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去の展覧会のキャプション・D | トップページ | ユイちゃんのお通夜 »