« 転んだあの子 | トップページ | 夢と夢 »

2014/04/01

僕は今日から男になった

P3290022_2
私は昔から女性に生まれて損をしたと思い続けてきたが、ついに昨日から意を決して男性になった。

正しくは今日の深夜12時から男になった。以前からハード的には男から女になるよりは、女から男になる方が楽なのだと気づいていた。ミロのビーナスのように豊満なナイスバデイーの前面3か所を脂肪吸引し、顔も一緒に整形してもらった。髪形を七三にし、デイップを付けて難なく男になった。結構客観的に観ても、ハンサム、いやイケメンになった。昔の父の面影を宿し、市川海老蔵似に変わった。私のメンタリティは以前から男性寄りだったので、何も変わることはなかった。声帯は若干女ぽいところもあるが、最近犬が言うことを訊かないときに低い声を出し続けた結果、男っぽい声に変わった。

私が男になることは人生のパートナーたる夫には半年前から告げ、2人で相談して男の兄弟になることも考えた。でもそれでは面白くないので、私たちは入れ替わることに決めた。二人揃って整形を施してもらった。そうそう、相棒の私の妻は最近見た映画『昨日 今日 明日』のソヒィア・ローレンに似ている口の大きな顔に整形してもらっている。

こういったことには性という分野にかかわることなので、品性のない下卑た想像がされると困るので、満を持して申し上げておきたい。元々、私たちは品性と高潔が背中に日の丸を背負って歩いているような夫婦なので、たとえ入れ替わろうがそのまま、品性と高潔に加えて尊敬しあう夫婦なのです。こうして私が夫になった。まだなったばかりなので、明朝起きたらどうなるのかが楽しみだ。

朝一番、犬がトイレをすると「ワン」と鳴く。そして、今までの私はトイレシーツを片づけ、散歩をする。戻り犬にペットフードを食べさせて、次は人間の食事の支度。まずここまでを夫、いや、違う、新しい私の家内にして貰うことになる。そして珈琲をセットし、レタス、ルッコラ、キャベツ、セロリ、トマト、キュウリを洗い、ボールに入れる。テーブルには食べやすくレイアウトし、パンを焼く。ハムやらチーズやらボイルドエッグを同時進行で皿に盛る。ここまで考えて、無理だろう、無理だよ、無理じゃないか、無理じゃよ。男と女が変わっても同じことを入れ変わった伴侶にして貰うことは無理だと気付く。今朝はパンとコーヒーだけの食事になるだろう。もしくはこれと同じ食事が出来てもタイムオーバー、それは昼近い時間になるだろう。つまりブランチになるだろう。

もちろん仕事は入れ替わって、私が写真指導にいく。写真論は私の場合、かなりイージーなので、生徒さんから異論、反論が出るだろう。たまにはいいかもしれないが、これからずっとではどうだろうか? 無理だろうか。

生活は何とか入れ替わって出来るだろう。ちょっと無理やりで、よくわかんないけれど。

幸せか?楽なのか?それでいいのか?  

そういえば駐車xxxxxxxxxxxxxされるときに困るぞ。今まで、あの時には年甲斐もなく、女の武器を使ったじゃないか。

『イヤーン、ごめんなさい。車、すぐ移動するから、許して下さーい。』

男はこれは使えない。何だか変な夢を見たようだ。今日から男言葉満載の日々になるのだ!

今日から私は男になったのだぞ! 今日一日男なのだぞ!なんか文句あるか?おい!これからはまず、夜遅くまで外出できる。酒だってかまわず飲むぞ。仕事もバリバリするぞ。電車の中では女性専用車になんか乗らんぞ。チェンソーを使って木を切るぞ。デモ行進もするぞ!すべて女だからダメと言われたことを思い出しているのだが、メンタルとしての男の脳がジョジョに強くなって来ているらしく、いかんせん女だった自分を思い出せん。

いかん!もうすぐ夜が明けるう、おや、我が妻が妙に髭が濃いぞ、整形に失敗したのだろうか?これは夢なのだろうか?リアルな世界なのだろうか? あああ!

|

« 転んだあの子 | トップページ | 夢と夢 »

四月の馬と鹿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 転んだあの子 | トップページ | 夢と夢 »