« 国画会展写真部門を見て | トップページ | 久しぶりに研究室のドアを開けた »

2014/05/20

二人の母@Twitter

「花子とアン」を見て亡くなった義母を思い出した。女性が昭和始めの時代に教師であると言うことはどんなに大変だったか。義母も小学校の教師だった。義母への私の接し方は我慢が足りなかったと今になると思う。その気持ちをもって私の母の介護施設に出かけた。今日は優しくしてあげよう、そう考えて。(by Twitter)

母は夜中に探し物をして 車椅子から滑り落ちて腰を打ったという。記憶が混乱し覚えていることが自分の思い入れの筋立てになっている。私たちの老後は目の前にあるのだが、この様な状態が同じ様にあるとは思えない。介護ロボットのアトムやウランちゃんを作らなきゃと焦ってもラフスケッチも出来てない。(by Twitter)

|

« 国画会展写真部門を見て | トップページ | 久しぶりに研究室のドアを開けた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国画会展写真部門を見て | トップページ | 久しぶりに研究室のドアを開けた »