« 初めての挑戦@カラオケ | トップページ | ハロウイーンのフェイスペイント »

2014/10/23

朝井まかてと寄せ植えの同時進行

寄せ植えをしながらたまたま読んでいる朝井まかての時代小説の面白さにはまっています。最近生まれて初めての事をたくさんしたせいか風邪をひいたようです。ツイッターで下記ご報告。

@art212keicoco: 掛かり付け医に行って、薬を貰い午後熟睡。医院では、咳の風邪の人が殆どだった。最近初めての事に挑戦してしてたので疲れていたらしい。日曜日はボランテイアのフェイスペイントが出来るように治しておかなくちゃ。
@art212keicoco: 昨日から喉が痛かったけれど、どうも風邪を引いたようです。熱は無いのに顔が火照っています。昼におうどん食べて、お八つにモンブラン食べて、夕食はホワイトシチュー、またもやダイエット中止か?
@art212keicoco: ハロウイーンのカボチャが黴てきた。アルコールで消毒しておいたけれど、柔らかく工作しやすいということは、根本的に水分が多いということなのです。あともって5日ではないかしら。 http://t.co/LE3ZoIyxx5
@art212keicoco: ソニーのVaioから東芝のダイナブックに変えたのだけど、私自身すごい混乱している。右にテンキーが付いていないのを探して選んだのだけど。(以上ツイッターでの近況)


最近ガーデニングや寄せ植えに本格的に取り組み始めているのだけれど、それと同時に、朝井まかてという作家の本に巡り合ったのが不思議だ。はじめに探したのは川上村の図書館だった。江戸時代の庭師の小説を書いている。「ちゃんちゃら」から始まってあとは正規の本屋さんで「先生のお庭番」「すかたん」あとはブックオフで求め、「花競べ 向嶋なずな屋 繁盛記」と立て続けに読んでいるが、今読んでいる花競べは終わってしまうのが惜しくって昨日、また別の芥川賞作家の作品を読んでいる。朝井まかての本がが面白いのかは私が庭いじりが好きで、江戸時代であっても庭師の気持ちが分かるからなのだと思う。それをエキサイトした盛り上がりを見せる小説作法で江戸時代の一人の女に気持ちが疑似体験させられてしまう。
ところで、川上で台風一過のあとに高原に秋が急速に来ている中、百合とチューリップ、鈴蘭水仙の球根の植え込みをして来た。そして植木鉢に木材と金網で作った覆いを乗せて来たが、何かの動物が食べていないか心配だ。

|

« 初めての挑戦@カラオケ | トップページ | ハロウイーンのフェイスペイント »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての挑戦@カラオケ | トップページ | ハロウイーンのフェイスペイント »