« ツイッターで映画の日 | トップページ | 四月の馬と鹿 »

2015/04/01

カンバーバッチと遭遇した顛末

私は常々、あの人はどうしているかしらと思うと道でバッタリと会ったりする。今日も何だかざわざわして誰かに会いそう。そう感じて映画を観に行こうと、近くのアミューズメントセンターへと愛車を走らせていた。駐車場を廻っていると前にかっこいい赤いアルファロメオがいる。私はその駐車場は慣れているので、難なくコーナーに入れた。

ふとミラーを見ると後ろの運転席に外国人が乗っているのが見えた。車を降りて振り向くと、何と、何と、何と、今日映画を観る予定の「イミテーションゲーム」のカンバーバッチさんではないですか。何故、why ?  私はこんな所にイギリスの俳優がいる事が信じられない! 夢じゃないかとほっぺをつねろうとしたとき、私の目線よりもずっと上にカンバーバッチさんの顔があった。私が落としたチケットを取ってくれたのだ。長いお顔!近づき過ぎですよ。

暗い駐車場の中に憧れの人がしかも目の前にいる。彼は「貴方の車も赤いです。私の車も赤いです」と日本語でたどたどしく言ってシャーロックの時のように笑った。なんだかよく分からないけれど。
「何故、今、日本ににいるのですか?」と私が聞くと「桜を見に来ました」私は「夜の桜も綺麗ですよ」「これからあなたの出演映画「イミテーションゲーム」を観に行きます」何とカンバーバッチさんは「では一緒に映画を見ましょう」ええっつ! 私の心臓は最大心拍数120を記録していたと思う。そして17歳ぐらいの女子のように顔が真っ赤になっていたと思う。F8とG8の席に座り、たどたどしい日本語と下手な英語で何とかコミュニケーションは取ることができ、一緒に映画を見た。もちろんポップコーンを食べながら。

Popcon映画「イミテーションゲーム」(エニグマと天才数学者の秘密) は非常に面白いものでした。「シャーロック」に続いてカンバーバッチの個性を引き出して私たちファンに知らしめる内容だった。帰り際に私はカンバーバッチさんと一緒に自撮りで写真を撮りました。ところが、家に戻りパソコンに入れようとすると何故か消えてしまったのです。そんな馬鹿な! 今日の出来事は何故か夢のようにも思えるし、よく考えれば幻のようです。私の人生の後半での輝かしい一点としてここに記しておきたいと思います。

ベネデイクト・フォー・エヴァー!

|

« ツイッターで映画の日 | トップページ | 四月の馬と鹿 »

四月の馬と鹿」カテゴリの記事

コメント

灰色ウサギさん
ブログに書いたように、ベネデイクトさんは顔が大きかったです。そしてかっこよかった。新しいタイプの俳優だと思います。映画は良かった。お薦めです。
コメントの設定が調子が悪いです。ご迷惑を書けたかもしれません。

投稿: keicoco | 2015/04/02 22:11

あ、そうか、今日は4月1日ね。
会いたい人に会えて良かったですね。私はロンドンのセントジェームス公園の中のカフェのオーランド似のウェイターさんに会いに朝1人で良く行きましたよ。姿だけでも似ていれば嬉しいですね。映画良かったんですね。

投稿: 灰色ウサギ | 2015/04/02 02:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツイッターで映画の日 | トップページ | 四月の馬と鹿 »