« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の記事

2016/09/25

朝食が和食の日


今朝は久しぶりに朝食を和食にしました。ほとんどパンとサラダ、コーヒーにしていますが一週間に一度は和食を心掛けています。
今日は塩鮭、温泉玉子、納豆、味噌汁(ワカメ、キャベツ、オクラ)、小松菜お浸しです。最近は我が家のお米の消費も減り、昨日は900グラム540円の秋田小町無洗米にしました。体操教室の帰りだったのと、もうすぐ新米だわと思ったからです。
こよみのページサイトの「今日は何の日」によれば誕生花は萩とフジバカマてす。二十四節気は秋彼岸明け、そして「十円カレーの日」「藤ノ木古墳記念日」「天神縁日」
もう少し経ったらコーヒーを相棒に入れてもらいます。和食の後にはコーヒーが美味しいからです。久しぶりに晴れてきそうです。今日も元気でいきましょう!

| | コメント (0)

2016/09/10

「君の名は」見てきました

映画監督の出身地が長野県南佐久郡小海町ということから、どうしても見たいと夫と2人で「君の名は」を昨日見に行きました。学校は始まっていたはずですが午後2時からの席を占めるのは中高生の女の子男の子でした。孫のトモ君くらいの子たちです。
映画の宣伝で、男の子と女の子が入れ替わると聞いていましたが「それは絵空事ではないか」という固定観念が私には有りましたが、それを消しながらのららぽーと新横浜での座席着席でした。「もうすぐ70歳なんだからしょうがない」「若い時のように柔軟には考えられない」と何処からかささやく声もしました。


「朝、目が覚めると、なぜか泣いている。そういうことが、時々ある。見ていたはずの夢は、いつも思い出せない」映画「君の名は」の始まりは夢に対しての言葉でした。「絵空事だわ」という気持ちも少し減りました。夢を見て泣く事は私も小さい時にありました。それは小学生から中学くらいまででした。そして今も長野の山小屋に行くと不思議な夢を見る。標高が高いせいです。私は主人公の三葉と違います。私は夢を見て覚めた後、思い出して泣く。夢は現実の生活以上に大切だと思っている。私の「絵空事だわ」という疑わしい気持ちが少しずつ減りました。「今この映画館で見ているあの中学生の子たちはそのような疑うこともしない無垢な気持ちで見ているんだろうなあ」と私の胸がモゾっとしました。
山深い田舎に暮らす女子高生、三葉は古い風習や人の目が気になる田舎を出て都会へ行きたい憧れがありました。都会で暮らす男子高校生、瀧はある日行った事もない田舎の町で女子高生になっている夢を見ます。それから何度も2人は入れ替わることになるのです。三葉の住んでいる糸守町での風習や伝統を守りながら、入れ替わっている内、ある時2人は連絡が途絶えてしまう。三葉が教わっている組紐をムスビつかせるように糸を手繰り寄せ始める。そこには千年ぶりの彗星を待ち受ける人々もいる。まるで予知夢のように決定してしまった現実を回避しようとする若い魂がある。全てが終わったように音のない現実の中、まだ探し始める、求め合う魂がある。これから先は映画の中で見て気づいて欲しいから内容は言えません。
男女が入れ替わるというのは一つの論法(ロジック)であって、ロジックをかき回して得られる新しいカオス(混沌)のようなものがこの映画には漂っている。
若い君たちが愛する人、自分にぴったりの人を探し続ければきっときっといつか出会うでしょう。
真面目に69年生きてきたおばあちゃんとしてこの映画は良いと感動しました。初めに抵抗を感じたのが幸いしたのだと思います。

| | コメント (0)

夏の思い出@2016



あとりえチビッコのブログを更新していませんでした。反省!
長野に滞在した時間が長いので、田園の誘惑に書くべきかも知れませんが。あとりえチビッコに関連したことでした。
まずは山の家に小川正人君がお子さんと奥さんを連れて来てくれました。最近身の回りのことが、自分の事と主人のことをやらなければならないことが多く、人の訪問を以前のようには受け入れられなくなっていました。でも正人君は教室のベスト5に入るくらいの初期の生徒さんだったのでどんなことがあっても頑張らなくてはいけないのです。息子のハル君がまだ1年2ヶ月と危ないことも多く、久しぶりの危険度に対応は大変でしたがやはり私は子供が好きなんだと再認識し、楽しませてもらいました。畑の脇に草が茂っていたのを刈り込んであり芝生までには至りませんが、危険が少なかったのでハイハイさせ、バッタを触らせました。怖がったりせずに持ってい られました。嬉しそうでした。次に家の中でラジコンカーで遊ばせようと車を持ってみると突然にタイヤが動いてビックリし大泣きしました。
今回もまた私の「楽しい時の写真なし」で芳州さんが撮ってくれていたので、ほっとでした。大変いい写真が撮れていました。
あとりえちびっこでは子供が小さい時にお母さんが決めて入会してきている方がほとんどです。現在大人になった正人くんのお母さんが私を選んでくれたのだと今でも嬉しく思っています。それは、現在Facebookでつながっている生徒たちも同じです。山本マユミちゃん、保刈あかねちゃん、横川リサ、ラミ姉妹、横山ユミちゃん、吉山マサトシ君、朝比奈タクちゃん、中山シュウイチロウ君、荒木ハルカちゃん、勝田マリコちゃん、西村マイさんのお母さんたち、お父さんたちに感謝しています。お母さんの津田ジュンコさん、小川ヤスコさんももちろんです。
今回のおもてなしは久しぶりに作ったチーズケーキとバーニャカウダでした。
追記:この記事を更新した後にやはりFacebookに載っていた柏尾アキコさんから承認がありました。彼女のお母さんも私を信頼してくださったお母さんの1人です。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »