« 「寄せ植えの芸術展」開催されてます | トップページ | 蓼科バラクラ、春のマスター講座 »

2017/04/11

自分を描く&魚のデザイン

今週から4人の子たちは小学校一年生になりました。そこで4月の1回目は「自分の顔を描く」課題です。パターン化した顔ではありますが、指導はしないで自由に描き始めました。顔は血の色、肉の色、日焼けの色を混ぜて塗ると教えました。私の言ったことは理解していないかもしれません。最終的にはもっと密度の濃い作品になるよう段階的に指導していくつもりです。今回は始めの一歩を子供たちに意識させる自由な表現です。作品はサインが入っています。



ツカサはあとからサインをいれました。





もう1つの課題は前回描いた魚のデザイン化です。子供たちにはこの間はよく観察して描かせました。今回はまずくても、不気味になってもよいと、また綺麗になっても良いと言い、最小のサイズのプロジェクトペーパーで描かせました。方眼になっているため密度の濃い塗り方ができるはずです。


ソウタロウは丁寧な塗り方がすきなようです。それは自分の絵を直感で描くからです。


ツカサはその絵を描きながら物語を話すのが好きのようです。ですから塗り方は弱く、遅いけれど、絵本を作ることは出来そうです。


同じ課題をしてもそれぞれの個性が出ます。マオは装飾的表現をよくします。自分のスカートも魚の尾ビレも虹色です。


カオリはじっくり考えています。まだよく分かりませんでも、この作品が家族4人だと分かります。
どの子も楽しみです。

|

« 「寄せ植えの芸術展」開催されてます | トップページ | 蓼科バラクラ、春のマスター講座 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「寄せ植えの芸術展」開催されてます | トップページ | 蓼科バラクラ、春のマスター講座 »