« 2017年5月 | トップページ

2017年6月の記事

2017/06/13

初夏の果物を描く

季節の果物を陶器やガラスの器に入れたものを描写させました。低学年では透明なガラスの器に入れると困る子が出て来ます。透明は色が無いからです。でもそれでもそこに何かがあると、感じさせられれば良いからと少し困らせてガラスを使います。いつかまた子供たちが透明感を自分らしい表現に気がつく時があると思います。
今回の果実はビワとさくらんぼとキウイです。器と果物を置いた通りに描こうとする子と、果物だけを並べて描こうとする子がいます。自由に描く日なのでそれでもOK。果物だけを描けば平面をなんとかしないといけなくなるので自然とデザイン的な平面構成をすることになります。モチーフをある通りに見て描けば写真的に構成するでしょう。自由にすることで子供の目の付け所が分かれます。
カオリ
カオリはビワの楕円と混色、そしてサクランボを一生懸命描きました。ガラスの器に可愛くならんでいます。キウイの芯も美しい。丁寧に描いています。
ツカサ
ツカサはキウイを上から見た円と横からのカップ状をセットで描いています。原始的な表現とも言えるし、図面的な見方にも見えます。高学年には出来ない描き方で、今だからこそ描けるものです。バックの色をシンプルに2、3色にすれば果物が引き立ちますが絵の具箱の色を皆使い賑やかです。
ソウタロウ
ソウタロウは器のバランスも良く敷布の色も良く見て描いていました。グラスのフチを下側を描いてから続けて上側をグルッと丸く描くのにはビックリしました。物の考え方と表現が一致しています。
マオ
マオはクレパスに巻いてある紙を剥がしてしまったのでクレパスが指に付いてしまう。この間それをやり始めた時に汚くなるからと注意したけれどそれを続けてしまった。その事を思い出させてマオに言ってみた。私も小さい時にそんな事をした気がする。今回の課題とは違うことだけど、子供に接していて「注意と結果」を指摘するのは大切だと思う。もちろん叱っているんじゃ無いからね。
でマオの作品は元気で、フルーツが太陽の光を浴びて元気に育っている感じがする。赤やオレンジの果物の周りを黄緑に塗っているのは補色でイキイキとしてくる。いつも姉妹が同じ表現をしていたのが徐々に違って来た。いい傾向だ。みんな違ってみんな良い。
ホノカ
そして今回またあとりえチビッコ二世が入った。麻子・彩子姉妹で来ていた麻子ちゃんの子、ホノカちゃんだ。まだ入ったばかりなので皆と仲良くやれるようにクレパスと絵の具を塗っておしゃべりしている。「ジイジのうちにブルーベリーがあってそれでパイを作ってくれる」新しい子にみんな注目している。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ