« 初夏の果物を描く | トップページ | 音楽を聴いて描く@ヴィバルディの四季 »

2017/06/28

マイヨーヨーを作る



今回は木のヨーヨーに着色して、マイヨーヨー作りをしました。5月に「アクリル絵具を木に塗る」で塗り方を練習して今回に臨んだのです。ヨーヨーは上手く出来ると、リビングの片隅に置かれいつまでもその子の思い出になります。低学年である小学校1年生に、作り方を教えるのは手順の準備が非常に大切です。そして作り始めると、子供の進行によって説明はいろいろです。でも色彩の対比や混色の表現の説明を抜きにして、面白く楽しんで作って良いと思いました。


今日中に持ち帰り、遊びたいという希望をかなえて、ニス塗りもすると乾くまでの時間が少なくヨーヨーなのにペロペロキャンディーのように持ち帰らせました。そこで全員の写真は撮れませんでした。1人だけ作品を写せた子がいました。
乾くまでの間パウルクレーの絵の塗り絵をさせていたのですが、カオリ、マオ、ソウタロウ、ツカサでゴキブリの歌を唄いだしました。ホノカは別の歌をうたいだしました。そういえば昔A君が歌っていた「男だったの〜カルセルまきは〜」(銭形平次風で)なんかも思い出します。今回はどうかわかりませんが、いつも楽しいことをすると子供たちは歌を歌い出すようです。出来れば綺麗な面白い歌が歓迎ですが。
ヨーヨーは1人が2つ作ったので家でお父さんやお母さんと一緒に回し方を競い合うのも良いですね。おじいちゃんにプロ級の技を教えてもらうのも楽しいですね。

|

« 初夏の果物を描く | トップページ | 音楽を聴いて描く@ヴィバルディの四季 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏の果物を描く | トップページ | 音楽を聴いて描く@ヴィバルディの四季 »