« ラン展始まっています | トップページ | セカイノオワリの「サザンカ」はフォーエヴァー »

2018/02/22

写真雑誌からの切り貼り絵(コラージュ)

今回の作品は何気ない写真の羅列に見えますが、子供の心が現れています。お時間がありましたらご覧ください。
少し前まで主人は写真雑誌に原稿を書いていました。今でも写真雑誌がたくさん送られてくるので今回はその写真を切り取り、最後にスケッチブックに貼るという課題をしました。写真家の先生方、ごめんなさい。「風景写真」「フォトコンテスト」「CAPA 」ありがとうございました。

コラージュという技法は芸術的表現ですが、まだ一年生の子供たちなので、自分の心に響く写真を集めて貼るという作業のみにしました。もしかすると一歩進んで芸術的表現もできたかもしれません。しかしこういう作業は初めてなので試験的にしてみました。心理療法でもコラージュは使われていますが私は専門外です。子供たちがいつもより静かな作業をしていたのは夢中になれたからではないでしょうか。はじめに子供が好きそうな写真を項目別(動物、乗り物、花自然、町、不思議、虫、鳥)に選んで切ったものを見せてから、各自雑誌から切るように言いました。
写真雑誌ですから、中にはヌード写真が出てきて、以前子供たちの反応に困ったことがありました。今回も事前にそのような写真は外しておきました。で子供たちが切っている時に、その話をすると、ツカサくんが「えっ、そういう写真があったら見たかった」と言いました。するとソウタロウは「俺見たくない!人間は嫌だ」と言っています。そういう会話はお絵かきではよくあります。かつて奥健太郎君と津崎健太の間でありました。シャイな男の子と好奇心旺盛な男の子がいます。その手のことは低学年から解放していく方がいいかもしれませんが、ご家庭の方針もあると思うので、あとりえチビッコとしては抑えておきました。
マオ
マオ、カオリはほとんど無言で切っていました。スケッチブックに並べると姉妹で大きく違う表現でした。マオは動物が要所に出て来て細かい写真をレイアウトし、ほとんどの写真に空の青を一緒に切りました。
カオリ
カオリは緑の中に花が咲いて、目線が地面を見ているものが多く、特に赤い花畑の写真を気に入っているようでした。一年前は双子姉妹で模倣しあっていたのにこんなに自分を出すようになってきた。ものを描き、作る作業は自己主張です。もしかすると絵を描く意味がわかってきたことなのかもしれません。
ソウタロウ
ソウタロウは1カ月前のレッスン日に「あー俺早く大学行って、それから青森に行って住みたい」と行っていました。今回も新幹線の写真と樹氷と雪のまわりに配した様々な写真は彼の[言葉と絵]ではまだ表現できないものを[写真]で語っているのです。
ツカサ
それに対してツカサは都会のビル街を直ぐに気に入りそれに合わせて虫や飛び上がる猫が居たりする。
ホノカ
ホノカちゃんは一番下に弟と自分を感じさせる写真から出発してたくさんの花やサッカーなど「人が好き」な表現です。

|

« ラン展始まっています | トップページ | セカイノオワリの「サザンカ」はフォーエヴァー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラン展始まっています | トップページ | セカイノオワリの「サザンカ」はフォーエヴァー »