« 英語とインスタグラムとドローウイング | トップページ

2018/08/02

プラ板と紙粘土で作る額

ホノカ
夏休みに入り、あとりえチビッコではミニ額を作りました。プラ板で作った多色のカケラを粘土に埋め込んで既成の木の額に貼り付けていきます。紙粘土は縮みますが、子供らしい表現として修正はしていません。そこに小さな絵を描いて額を完成させました。いつもは使わない色鉛筆を使いました。強く描くように言いましたが、どうしても筆圧が弱い子もいます。指導についての私への宿題のようです。
カオリ
粘土は一般的に子供たちが好きな素材のようです。粘土はママの柔らかいおっぱいのようで、ホッとするもの、ぬいぐるみなどの感触もそうです。ちょうど来ている子たちには下にまた弟や妹が生まれた子や、生まれる予定の子もいるので、そういう意味で意識的に使ってみました。
マオ
たとえ2年生でも精神的に揺れ動くのではないかと、私の小さい時の経験では想像してしまいます。私は他の子に比べて感じすぎの子だったかもしれませんが。

ツカサ

シュウタ

|

« 英語とインスタグラムとドローウイング | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英語とインスタグラムとドローウイング | トップページ