« カラーシートでデザインする | トップページ | バラクラ収穫祭「寄せ植えの芸術展」 »

2018/09/23

魚を描く@2018秋

シユウタ
今回は子供たちは魚を描きました。メバルとイワシです。
まず始めに机に座り魚を見て「臭い!」と声があがります。それから子供たちの発想の源はおしゃべりしながら広がっていきます。
ツカサ
「この匂いは嫌じゃない」「好きだよ」とも。
「この匂いは何処かで嗅いだことないか」と聞くと返事がない。海の近くでは?
「お料理屋さんでマグロを釣って切った時」「この魚はメバルとイワシよ」「メバルは竿で1匹ずつ釣ったりするけどイワシは海の中を集団でスイミーみたいに泳いでる」「水族館で見た」「水族館でペンギンも見た」「水族館はママが具合が悪い時にパパに連れて行ってもらったよ」「先生のところもお姉ちゃんが水疱瘡になった時に下の妹をパパが水族館に連れて行ったよ」「きっと寂しい思いをさせないようにとパパが考えたのよ」「違うよ、私たちが連れてってと頼んだよ」その他いろんなエピソードがあった。

マオ
そして今日はアクリル絵の具で描くので鉛筆でラフスケッチして始めた。良く観察すること。魚の中にある線や点、色もよく見て。そして絵を描くことは、算数とは違う。「1足す1は」「2!」「2!」「2!」「2!」

カオリ
では絵を描くことは「1足す1は」「5!」「100!」があるのよ。「無限!」

そしていつもの子供たちの質問「 これ終わったら魚どうするの?」「煮て食べたり焼いたりする」「欲しい!」
以前はこういう反応はお行儀が悪いと思っていたが、欲の無いよりは欲がある方が良いだろうとある程度は作品の出来不出来を評価して競わせている。

ホノカ
今回は運動会の延期などでホノカちゃんが午後から1人でのおけいこでした。このような教室での時間はいかに自由な雰囲気の中で描くかが大切で、観察力やコミュニケーション能力が育って行くと思います。

|

« カラーシートでデザインする | トップページ | バラクラ収穫祭「寄せ植えの芸術展」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラーシートでデザインする | トップページ | バラクラ収穫祭「寄せ植えの芸術展」 »