« ブルースターとビンを描く | トップページ | 日比谷公園ガーデニングショー16周年を終えて »

2018/10/29

子供たちに寄せ植えを教える


今日は子供たちに寄せ植えを教えました。
一番気がかりだったのは水を撒いてくれるかということと、夏の暑い太陽の時期を外したかったことです。そのためこの10月末になってしまいました。そしてダブルデッキという下に球根を埋めて春になったら花が咲くという楽しみをサプライズで盛り込みました。


ケイ山田先生にもご相談してみました。本当はミニシクラメンを勧められたのですが、予算的に金魚草とビオラ、球根はフリチラリアとムスカリとクロッカスになりました。パセリとレタスを入れたのは食いしん坊な子供たちに水やりを忘れないようにするためです。私もベランダで育てることにしました。
このような記憶が子供たちに残って、お花を好きな青年やお母さんになってくれるようにと思っています。まだこれから何回か違うバージョンで指導してみたいです。

|

« ブルースターとビンを描く | トップページ | 日比谷公園ガーデニングショー16周年を終えて »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルースターとビンを描く | トップページ | 日比谷公園ガーデニングショー16周年を終えて »