« ハーバルウオーターとオルゴール《パリの空の下セーヌは流れる》 | トップページ | コレステロールの若干の減少 »

2020/11/14

結婚50周年金婚式です

今日は結婚50周年、金婚式当日です。

昨日中央道をひた走り川上村に着きました。出かける予定時間が1時間遅れたのでお昼をいつも通りコンビニの駐車場で済ませ、夫に薬を飲ませ、車も遠くを見つつ近くも見つつ、低速車を追い抜き、スピードも注意深くそれなりに出し、緊張感と快感を感じて、途中にスーパーで食事4日分位を買い、また山に向けて走り、着いたら鹿の門を開けて入り、カメラやレンズ、充電の重いリュック、食料や着替え、家事の書類を家に入れて水の栓を通し、ストーブ2機着火。お風呂を沸かし食事の支度をしてルーテインワークを終了します。

中央道を走る時に50年前の結婚式のことを思い出していた。

お化粧が気に入らなかったこと、また式場に行く車は弟の友人が運転して行ったのですがポールモーリアの恋は水色が流れてました。あの時に列席してくださった方々の殆どが亡くなられてしまっていること。50年だから当たり前なのに不思議な気もする。結婚して最初の喧嘩は餃子とお寿司の酢飯の酢に砂糖を入れるか入れないだった。今でもあの時の興奮は思い出せる。つまりは亭主関白だった。今は違うけどね。結婚式の後に新婚旅行に行き京都の神社で七五三に子供たちを見たこと。東京に戻って友人が遊びに来た日に三島由紀夫の事件があった。父も母もいた。あれから50年なのです。結婚生活では小さな波風や中位の喜びごとがあり、大きな何年もかかる自分たち以外の難題もありそれを乗り越えました。結婚は1人では乗り越えられないことも2人では乗り越えられる。でも結婚によって生じる問題もあった。1人だったら起きないこともある。でも過ぎて仕舞えば乗り越えている。いい方向に持っていこうとする力があればいい方向に向くような気もする。それらが次々と思い出されて運転中に泣けてきました。運転に涙は禁物!

知り合った時に感じた直感は正しかった。写真部部長の中村都夢さんがスケート場に誘ってくれてその時に出会った。妻帯者の男性を10人ぐらい一緒にして。私がキョロキョロしないように仕組んでいた。スケート場で私が滑った時に芳州は最後まで自分がお尻をつかないでわたしを支えてくれた。それが結婚の決め手だったかもしれない。

私は精神的には弱い性格でしたが、夫の励ましでここまで成長できたと思う。また夫の家系は教育者が多かった為、その環境の中からの私の《造形教室あとりえチビッコ》に助言をくれて長いこと指導ができたのだと思う。2人の娘も私たちの気持ちに沿って成長してくれたと思う。

こうして50年は横浜、川上村、ドイツというキーワードとともにあっという間に過ぎた。会社時代のCAPA創刊までと編集生活は私たちの生活にも影響はあった。

今は夫のPD病のためにまた難関の山を越えようとしている。人生の残り時間も少ないのだから辛い気持ちは楽しく優しい気持ちに変えて過ごしていきたいです。この山小屋で人という字を描くようにね! 小自然が好きな私と大自然を知っている夫とずっとここで暮らしていきたい。ところで今夜の夕飯は握り寿司と餃子です! 

A940f5dffa284b75affe74a2129f2aa6

コロナが増大しているところ私的な祝い事を述べて恐縮ではありますが、この日を3年位前から楽しみにしていたのでお許しください。

 

 

|

« ハーバルウオーターとオルゴール《パリの空の下セーヌは流れる》 | トップページ | コレステロールの若干の減少 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハーバルウオーターとオルゴール《パリの空の下セーヌは流れる》 | トップページ | コレステロールの若干の減少 »