« 夢で逢いましょう | トップページ | 新型コロナウイルスワクチン接種・その1 »

2021/02/25

フルーツ石鹸の思い出

最近のコロナ禍で皆さんはどのようにストレスを解消していますか?

私は野菜を多種類用意して自宅で美味しい食事を作り、食べることが一番の解消法です。またPDの夫も美味しい食事を食べるのが今一番の楽しみです。それと温かいお風呂に入ること。最近は温暖化の異常気象からかそれとも暦通りの三寒四温なのか、寒さと暖かさが交互に来る。それも温度差が大きい。もう一つの解消法はフラワーアレンジメント。寄せ植えと違い切り花をアレンジしています。10日に一度は作り替えています。

ところでこの間、酷く寒い日に入浴剤を入れてみた。バラの匂いと書いてあったが、湯の中に沈んでいくうちにほんのりとピンクになりフワリといい匂い。この匂いどこかでかいだ! そう私の小学校56年生の頃、目黒の鷹番小学校の近くの雑貨屋さんにあったユゼフルーツ石鹸の匂いだ。ストロベリーの匂い。以前同じ赤い石鹸を有名なメーカーで購入したがその匂いとは違っていた。その記憶の思い出を手繰り寄せようとネットで調べるとユゼという会社名は湯瀬が正しく、秋田の地で洗顔石鹸を多種類作っていた。そのフルーツ石鹸はお土産で作っていてネット販売では売っていない。

あの頃はよくその雑貨屋さんの近くに2つの文房具店があり、学芸大学駅の恭文堂書店も私や同世代の子たちの文化的エリアだった。日曜日に行く碑文谷教会、父や母と行った映画館、父のお土産のマッターホルンのケーキ、父が漕いでくれた碑文谷公園のボート。映画館ではリンゴを買ったのにナイフを忘れて、父が爪を入れて力で半分に切って弟と食べた。そんなことは以前この過去ログに書いてある。一瞬の匂いを嗅いだだけで思い出せる思い出。

今日午前中にその購入したフルーツ石鹸が届いた。力を込めて匂いを嗅いだ。もしかするともっと色々な思い出が蘇ってくるかもしれない。コロナの後遺症に匂いがしなくなることがあるらしいが、匂いを大切にする私には考えただけでも恐ろしい。今夜の夢では透明な赤い風船の夢でも見たいものです。

1fea5889492c4b9cb37f6b3150ba5c9f

|

« 夢で逢いましょう | トップページ | 新型コロナウイルスワクチン接種・その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢で逢いましょう | トップページ | 新型コロナウイルスワクチン接種・その1 »