2015/04/15

業務連絡

もう1つのブログclover《田園の誘惑》も更新しています。(^-^)

| | コメント (0)

2014/10/10

あとりえ・チビッコ10周年

ブログ「あとりえ・チビッコ」は今日で10年を迎えました。
2004年10月4日から書き始め10月10日にブログアップしたからです。

《はじめましてこんにちわ》(04/10/04)
はじめまして、こんにちわ 「あとりえ・チビッコ 」のKeicocoです。イチロウが新記録に挑戦する中、私はココログを立ち上げるため、同時進行でがんばっています。一昨日、イチロウは259本を達成しました。私も10月21日までににこのブログがスタート出来るように、パソコンをがんばって操作しています。そして私のかわいいたくさんのあとりえ・チビッコの子供たちとのコミュニケーションや作品を皆さんにも鑑賞できるよう、「KEICOCOギャラリー」をパソコン上に建設中です。そしてもう巣立っていった子供たちもこのギャラリーに集ってほしいと思います。どうぞこれからよろしくね。10月21日までにはログアウト(注・意味も分からず間違えて書いています)します。

フランスの女の子(04/10/04)
6月に訪れたドイツの国境に近いフランスのコルマールで、パパとお散歩中の女の子。ドームの中で演奏している楽器の音に引き込まれるように、スキップしていた。自分を表現するのが上手だ。

笑っている先生(04/10/06)
洵平くんはもうすぐ6才、3年生のお兄ちゃんと一緒に描いている。4才の頃はよくわからない絵を描いた。自分だけがわかっている絵だ。それはそれで面白かった。このごろは自分もまわりの子もわかる絵を描けるようになった。それが結構迫力があって楽しい。

野原の草花を描く(04/10/06)
私は子供の頃から、犬と散歩をするのが好きだ。朝夕プードルのココと散歩をしている。アイデアを浮かべたり、季節の移ろいを感じたりできるのもうれしい。一昨日は鶴見川沿いに久しぶりに歩き、アトリエのモチーフの野原の草を摘んだ。ススキやミチシバは大きなガラスの花入れにいれ、カヤツリグサやツユクサ、エノコログサ、アカマンマは大きなコップに入れた。他に名前を知らぬ草もあった。子供たちは草むらで隠れんぼするように描いた。

あとりえ・チビッコスタート04/10/10)
自分で、自分におめでとう。2004年の8月からよくがんばりました。10月21日にスタートするという目標ですすめてきましたが、何とか皆さんに公開しても良さそうなスタイルができて来ました。秒読みに入ります。

こうして10年前の10月10日に私はブログ「あとりえ・チビッコ」を立ち上げました。もう10年が経ったのかとつくづく思います。その数年前から私は義母の面倒を急に看ることになり、骨折などで病院に入院もあり、あれこれとやることが多かったのでいつも、ブログの勉強は車内や駐車場待ちや病院の待ち時間にしていました。急にスタートするのも何だからと助走をつけて10月4日から始め、10月10日にアップしました。あれからきっちりと10年が経ち、この同じ涼しさの風、同じ金木犀の香りが当時を思い出します。こんなに長い時間出来るとは思っていなかったのですが、最近では本来のあとりえ・チビッコも教室を閉じたので進退を考えることもあります。が、勝手に書いていることなのでそれでも良いかと続けています。
ブログ「あとりえ・チビッコ」の書籍化を少しずつ始めた途端、ガーデニングに目覚めてしまい、多少老人性の多動症染みてきたかもしれません。あとりえチビッコはインターネットの世界にだけ、そのままにして置くことになるやも知れません。しかし本来、私は気まぐれですから急に何かをし始めるかもしれません。
因みに画面右のバックナンバーをクリックすると10年間の年月が表示されるので、関心のある年月の記事を見ることができます。
どうぞ10年を過ぎた「あとりえチビッコ」また八ヶ岳東麓からの「田園の誘惑」も重ねてご贔屓にお願いいたします。confident

| | コメント (0)

2013/10/25

お詫び:個人情報を一部削除しました

Hanakazari_1

本日、あとりえチビッコのブログの中に個人情報が掲載されているとのご指摘がありました。急ぎ、その部分を削りました。そしてまた検索し直してみました。がその部分は削除されていず、その記事をすべて削除しないといけないことが解りました。そこで記事を全部削除しました。ご指摘されたことを変更するようにしましたのでしばらくお待ちください。

また、お電話の始めに、私や家族への気遣いをされてから話し始めてくださった優しさに感謝しています。これからこのようなことがないように十分気を付けます。私のいたらなさがここで表出したのです。反省してお詫びいたします。

| | コメント (0)

2013/08/19

田園の誘惑もよろしく

ブログ≪田園の誘惑≫もよろしく!⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒

| | コメント (0)

2013/05/06

≪田園の誘惑≫更新しています

新しいブログ≪田園の誘惑≫も更新しています。横にあるお気に入りのところから入れます。

≪あとりえチビッコ≫も更新しますが、旅行や自然や川上村に関しては≪田園の誘惑≫で書いています。どうぞ遊びに来て下さい。happy01

| | コメント (0)

2013/02/08

長崎ベルハウスの火災に憂うる

今夜、ニュースで長崎のベルハウスでの火災と聞き、2008年10月12日のブログ記事を読み返したところ、やはり長崎くんちの観光のために通りかかって、窓越しに和歌が書かれているのを見た、施設だと分かった。亡くなられた方もいるという。何も書いていなければ知らずに忘れられてしまうことだが、こういう形で、つまりブログで書いておくことで、その記憶が留められるということにその重要性があるということに今更ながら感じた。亡くなられた方々のご冥福を祈ります。以下はその時の記事です。

Nagasaki_71長崎に行って来た。以前からいろいろな方に誘われていたのだが、今回は時間ができたので、長崎くんちに合わせ行って来た。

長崎くんちはテレビで細かいところまで知ることができた。今年は7年に1度の大祭のようで、檀尻という山車が神社の境内で観客が注目する中、回転させる。 『もってこーい!』 の掛け声に応えて力いっぱい動かす。神社境内に満ち、満ちる両者の引き合うコミュニケーションがなんとも言えず良い! それが桟敷席でなく、テレビの画面でも理解できたのがすばらしかった。

Nagasaki_65 私たちの泊まった ホテルは長崎新地中華街の中で、結果的に行動しやすかった。長崎名門校、活水女子大学への坂道は横浜のフェリス女子大学への道とオーバーラップして感じた。まわりの木々のソテツなどの植生がやはり南の国を感じさせた。かの有名なオランダ坂を通ると銀木犀が薫っていた。

Nagasaki_61_2

東山手住宅郡の中に紛れるようにベルハウスという老人ホームがあった。窓越しにお年寄りが歩いていた。クリスマスの飾りのようなコラージュが貼ってあり、目黒の母を思い出した。孤独という字が湧き上がってきた。年を取るにつれ湧き上がる孤独感を何かに置き換えてはならないと思う。その時忘れたり、紛らわす分だけ後から押し寄せる。だからといって深刻になってどうする。どうする。心の中で自問自答。私なりの答えは出ているけれど。

Nagasaki_46

『 春真昼 ここの港に寄りもせず 岬を過ぎて ゆく船のあり 』 と、短冊に書いてあった。作者は誰か書いてあったようだが、分からない。

東山手地球館では日替わりで世界の家庭料理が食べられた。この日はタイカレーだった。そばで英会話のグループが先生を囲んで楽しそうに話していた。宮崎駿のアニメ映画の話題だった。そこからは私は芳州と別行動で、原爆資料館にいった。路面電車が4系統あり、乗り換えするとき切符を貰うと100円で市内を動き回れる。車が混雑する時は路面電車の方がタクシーよりも動きが早いようだった。

Nagasaki_49_2 原爆資料館内は撮影禁止のためそこに入るらせん階段を下りるときに撮った。まるでゼロ地点に下りていくように造られていた。入ってすぐに、爆心地から800メートルの民家の柱時計があり、時刻は11時2分を記していた。

  • 原爆を落とすまでの過程を記してあった。照明を落とした資料館の中で、気が付く事をメモした。多少の間違いがあるかもしれない。
  • 1944年 ルーズベルト、チャーチルが日本と決める。
  • 1945年4月 東京湾、川崎、横浜、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、呉、八幡、小倉、    下関、山口、熊本、福岡、長崎、佐世保を候補地とする。
  • 1945年7月 ニューメキシコで実験
  •     7月20日 パンプキン爆弾を広島、小倉、京都、新潟で実施
  •       23日 広島、小倉、新潟が目標となる
  •       24日 長崎が加えられる
  •       25日 トルーマン指令を承認
  •       26日 ポツダム宣言
  •              31日 テニアン島で原爆組み立て完了、連合軍捕虜収容所の存在連絡する  が目的変更無しとなる。
  •     8月6日 1:45 エノラゲイが原爆を搭載してテニアンを出発
  •          8:15 広島に原爆を落とす
  •       9日 2:49 原爆搭載機ボックスカーがテニアン離陸。焼夷弾の煙のため小倉に落とせず3回旋回し、長崎に変更
  •       9日 10:58 長崎上空も雲のため視界不良、燃料不足で帰還検討
  •       9日 11:02 一瞬の雲の切れ間に原爆投下

原爆が悲惨なことは分かっているが、こうして落とされることになったのを忘れてはいけない。戦争に反対しなさい!とトキワ松学園の笹尾菊枝先生は世界史の授業中に話された。そして、子どもを育てるお母さんはいつでも戦争に反対をしないといけないとも。戦争っていつ始まるの? 誰がその時を教えてくれるの?

遡って行けば、長崎にとってこの一瞬の雲の切れ間がなければよかったのに。広島に落とされたときに日本政府がすぐ降参すればよかったのに。原子爆弾は造られなければ良かったのに。戦争を始めなければよかったのに。

ところでこの長崎旅行中に3人の日本人がノーベル化学賞を取ったというニュースが報じられた。それも忘れられない思い出になった。そして、その夜の長崎くんちの庭先まわりでは、芸者さんの舞や邦楽が歌われ、三味線が流れ、太鼓も響き、だんじりも繰り出し、町中が賑わった。そこで私は 『長崎は今日も平和だった』 と感じた。Nagasaki_94

写真は上から1.長崎グラバー亭から平和公園方面を見て、2.大浦天主堂、3.オランダ坂通り、4.ベルハウス、5.原爆資料館、6.庭先まわりをする芸者さんのご挨拶の腰の角度が美しかった。

  

           

| | コメント (0)

2011/10/03

ブログ開設7周年&ツイッター&ワタシ

明日でブログを開設して7年になる。毎年同じように感じるのは、機械やパソコンに弱いこの私がよくぞのり超えたと思えるITの世界だ。ブログを始めたのが57才で、その前はずっとあとりえ・チビッコでのことをワープロで書いていた。パソコンは始めはiMacの水色の機種だった。今でも捨てずに書斎に鎮座ましましている。
この機種をいじってはいたが、パソコン操作を聞く時にWindowsの方が分かりやすい気がしたのでWindowsXPが入っているシャープLavieにし、近所のパソコン教室に一回1500円で教わりに行った。その時がきっかけでそれまで店内がうるさくて大嫌いだったビックカメラが少しずつ好きになり、図書コーナーに行き、本でも勉強を始めた。どうしても自分の造形絵画教室での事を写真を入れて発表したかったからだ。Lavieが壊れたのをきっかけに今度はソニーのVAIO(Windows Vista)にし、現在に至っている。
長野と横浜を行き来するために、簡易的なiPadにし、それに併せてiPhoneにした。それにはTwitterを始めたからだ。大変使い勝手がいいアプリが選べたからだ。私は去年の6周年に加えて、iPad、iPhone、Twitterにも挑戦している自分を、まず嬉しいと感じている。
若い人たちの中には、川上村つながりやワンコつながりで、私に連絡をくれる人もいる。koqurikoさんやSanpei1978さんやtico0000000さんだ。私は操作や意味がわからず、その人たちと同じようにはできないけれど、会話にも入り、冗談も言ったりしている。そのTwitterにはこのブログの先輩(庄内拓明さん、きっこさん)や大学の先生(内田樹、平川克己、茂木健一郎)もいる。ブログより距離が近い感じもあるが、近づきすぎずをモットーに大尊敬の気持ちのまま、Twitterではお話もできないでいる。だが《その御意見に賛成》という意味で《リツイート》をすると自分の日記の中に保存する事ができる。時々日記を見るように自分のツイートを出して読み返すのも楽しい。便利なおかつ自分の考え方次第で、知性を磨く事ができる。それは何処に行ってもできるという事だ。日本でも大好きなドイツでも。こうして絵や工作を教える事の他に全く新しい世界が広がっていくのも、ワクワクしてしまい。歳を忘れてしまう。

3月11日から大きく日本が変わってしまったのだが、私には日常を生きるだけで何もできていないが、上述の私自身に起きている変化は子供達の指導に生かしていこうと考えている。ところで、今日のニュースで大倉山の放射線量が高いと言っていた。私にとってもっと苦手な分野だ。発表したりする自信もないから静かにしていたが、見たり聞いたり調べたりはしていた。もっと意見を分からないなりにも主張して言えることは、原発反対! そしてもう一つTwitterに出ていたのだが《日本で緑の党ができる》という。明日でブログ開設7周年!自分で自分におめでとう!

| | コメント (0)

2011/05/30

困ったら、鎌田先生のブログ

東日本大震災、東京電力原発事故を巡る情報ではツイッター、ブログでいろいろな方の意見を目にしている。自分自身で行動に移してはいないが、この様な状況の中、現実にはアトリエの子供たちのためにストレスをかけない課題を選んでいる。そして自分の消費にはブレーキをかけ過ぎないで経済の失速がないようにと願っている。私たち夫婦が中年期以降の人生設計で決めた事を震災後も継続したいと願っていて、これからもそうするつもりでいる。
私が震災後にインターネットで、特にリードしていると感じた人たちが何人かいる。その一人は諏訪総合病院院長の鎌田實先生だ。ご自身でも被災地に乗り込んでボランティア活動をされて、原発についての考えをわかり易く書いてくださり、こう言う状況の中での日本人としてのスタンスを示してくださっている。原発事故1の記事に始まり、5月30日で原発事故261まで更新している。ご自身がプロフィールに書いていたが父、岩次郎さんが東北の人で鎌田さんを養子にして下さったのでその恩に報いたいと書いていた。放射線量やその計算の仕方など、私たちにも分かるように書いているし、風評被害にならないように、放射線をきちんと計測するように、また、こう言う時だから菅さんに優しい言葉で国民に意思を伝えて欲しいとも言っている。政治家たちが足の引っ張りあいをしないで全力投球して欲しいとも言っている。
私も同感です。何でこんな時に勢力争いをするのだろうか。政治家たちは! この東日本大震災は日本という規模より、地球上の危機なのだから今までの党派などかなぐり捨てて一緒にどんなに下手な作戦でもそれを立ててやり切っていくしかないと思う。菅さんも自分の非力を皆に詫びながらでも、何とかまとめていかないと。

そして何か困ったら鎌田先生が何を言っているか、ブログを開くとその時のタイムリーな疑問への回答を示してくれている。 鎌田實公式ホームページ八ヶ岳山麓日記(http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/)
ちなみに、今日の原発事故261ではホールボデイカウンターで被爆量を調べる事をすべきと言っている。このブログは時間がある時に遡って読むといいと思う。

| | コメント (0)

2010/10/21

はじめてのipadでブログ更新!

ブログ更新をipadでやってみたいと挑戦しているが、写真をのせる事がまだ解らない。
実用書をじっくりと読んでいけば解決するだろうが、最近は、本物を触って試行錯誤を繰り返して先に進むような傾向になってしまっている。この山小屋でこうして雨になれば晴耕雨読でじっくりと事務作業をしていけると一応は書類一式持って来て、白樺の葉が落ちる様子や霧が木肌を触れていく様子を老眼鏡をずり落として見ている。快感。
来た時の室温が十度だった。石油ストーブをたいて、だいぶ前に買った生協の豚バラ肉を解凍してトンボウロウを作っている。昨夜は野辺山のビックリ市で買って来た渋柿の皮をピーラーでスピーデイーに削り、Tの形のへたの枝にビニール紐をくゆらして、焼酎を振り撒いて置いた。
そして今朝二階の窓辺にぶら下げた。一個二百グラムぐらいはするのでかなり重い。明日あたり晴れて欲しい。そろそろお昼にしよう。今朝が和食のご飯だったので、支那竹たっぷりのラーメンにしよう。
まだ載せられない写真は八ヶ岳の寂しい秋の風景。緑のレタスやキャベツ、白菜をとり終わると所々にある大きな石が妙に目立ってくる。そして遠くの八ヶ岳の山々の上にたなびく雲が寒げに見えてくる。農耕車が最後の仕事にとりかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/08

祝ブログ開設六周年・≪はじめましてこんにちは≫から

2004年10月4日から6年もの時間が経った。数日オーバーしてしまったが、最近忙しかったのでうっかり記念日を忘れてしまっていた。≪はじめましてこんにちは≫の記事から6年も経った。ブログを始めたころは記事を描くのも、写真をのせるのも簡単にいかず時間もかかっていた。思い出せば楽しい思い出になった。

≪はじめましてこんにちは≫のあとには≪フランスの女の子≫、そのあとには太った先生を描いたジュンペイの絵が続きました。そのあとには岡田姉妹の姉、美月ちゃんの野原の草が続きました。その痕跡を表すような写真の処理の仕方だ。

左がジュンペイ、彼は今6年生になっている。Pa040065thumb Pa060010thumb 右はミヅキちゃんだ。ヒナタとナミの姉だ。今は中学3年生。

これからも、今までどうり、あとりえ・ちびっこのブログを続けていくつもりです。

子供の絵以外にも、山小屋の生活を書いた≪田園の誘惑≫も続けていきます。自分のライフワークはどんなことがあっても続けていくと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。birthday

| | コメント (4)

より以前の記事一覧